より豊かに生きるために、医療の事をいかに知るかも大切な事、いかに知る、かにしる、カニジル!!
この番組では、型破りの企画とわかりやすさで人気、病院広報雑誌の域を超えクオリティーが話題の鳥取大学医学部附属病院広報誌「カニジル」編集部と強力タッグ。鳥取県米子市から山陰の医療を支えている、とりだい病院と皆さんをつなぎ、わかりやすく医療や人、世の中の出来事、面白い人々を紹介します。

メインパーソナリティー

田崎氏

田崎健太 カニジル編集長

ノンフィクション作家 1968年 京都生まれ
週刊ポスト編集部を経て、ノンフィクション作家に。最新刊は「スポーツアイデンティティ どのスポーツを選ぶかで人生は決まる」(太田出版)
2019年より鳥取大学医学部附属病院広報誌「カニジル」編集長を務める。

黒﨑雅道
(とりだい病院 病院長特別補佐)

1990年鳥取大学医学部卒業。独国ハンブルク大学医学部脳神経外科研究員、鳥取大学医学部脳神経外科学准教授などを経て、2016年教授に就任。
2018年病院長特別補佐、現在は医療福祉支援センター長、広報・企画戦略センター長も兼務。
「カニジルラジオ」の病院メインパーソナリティとして番組を引っ張ります。

黒﨑雅道

谷口文紀
(とりだい病院 病院長特別補佐)

1993年鳥取大学医学部卒業。米国NIEHS/NIH リサーチフェローなどを経て、2021年鳥取大学医学部産婦人科学教授。
2019年総合周産期母子医療センター長、2023年4月病院長特別補佐に就任。
新たに「カニジルラジオ」のパーソナリティを務めます。

谷口文紀

山田七子
(とりだい病院 病院長特別補佐)

1992年鳥取大学医学部卒業。松江赤十字病院、米国ボストン大学医学部リサーチフェローなどを経て、2001年鳥取大学医学部皮膚科助手、2004年同科講師、2022年附属病院教授。
2021年卒後臨床研修センター長、2023年4月病院長特別補佐、ワークライフバランス支援センター長に就任。
この春から新パーソナリティを務めます。

山田七子

ナレーター

木野村尚子(BSSアナウンサー)

木野村アナ

特別ゲスト

とりだい病院の人々を中心に、地域と関わり活躍する人など多彩にお迎えします。




7月20日のカニジル(196杯目)

2024年07月20日(土)


ご出演 鳥取大学医学部附属病院 外来クラーク 松本綾香さん。

地元米子市出身。
2006年、技能補佐員/看護助手として、とりだい病院に入職。
出産・子育てを経て、2014年に事務補佐員/外来クラークとして再就職し
2022年に正職員となり、現在に至る。

外来クラークは受付では患者さんと対峙し、医療事務で医師や看護師とコミュニケーションを
取らなければならない。
大学病院は職員が多くて複雑なので、コミュ力と専門的知識も必要となる。
例えば担当する診療科は脳外科、麻酔科、内科、外科など、日によってかわる。
当然、病名、処置は全く違う。
松本さんが患者さんとの向き合い方で気をつけていること、外来クラークとしての心構えとは?

続きは、radiko、podcast、YouTubeで!


  • チェック
  • ポスト
メールでのリクエストはこちら
個人情報の保護について

放送日検索

アーカイブ

検索