テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
ニュース
山陰地方のニュース
麒麟獅子舞が国の重要文化財に
獅子舞単独としては全国初です。鳥取県東部と兵庫県北部に伝わる「麒麟獅子舞」が国の重要無形民俗文化財に指定されることになりました。江戸時代に鳥取藩主池田家が建立した東照宮の祭礼行列に登場したのが始まりとされる「麒麟獅子舞」。因幡・但馬地方の神社などに広まり、現在も約200か所で受け継がれています。今回、「因幡・但馬の麒麟獅子舞」として国の重要無形民俗文化財に指定されることになり、保護団体は合わせて114団体。他の地域には見られない中国の想像上の動物「麒麟」を想起させる頭を用いていることや、特定の地域で少しずつ形を変えながら伝わっている点が、獅子舞の変遷の過程を考えるうえでとても重要だと評価されたということです。鳥取県内で、国の重要無形民俗文化財に指定されるのは、2009年の『三朝のジンショ』以来4件目です。
【2020年01月17日】
センター試験前に会場準備
大学入試センター試験が始まるのを前に、山陰両県の試験会場で17日、準備が行なわれました。このうち、鳥取市の鳥取大学では校内に案内看板が設置され、試験会場となる教室では、受験番号や注意事項が書かれたシールを机に貼るなどの準備が行われました。山陰両県の志願者数は、鳥取県が去年より68人少ない 2,642人。島根県が去年より186人少ない2,767人です。18日は地理歴史、公民、国語、外国語の試験が行なわれます。
【2020年01月17日】
出雲立てこもり 男を監禁容疑で逮捕
島根県出雲市で男が女性を人質にとり立てこもった事件で15日、女性が解放され男が現行犯逮捕されました。また関係者への取材で警察官に『自分の交際相手を巡って会社の元従業員とトラブルがあった』と主張していたことが分かりました。監禁容疑で現行犯逮捕されたのは千葉市緑区の無職・中尾懐聖容疑者(23)です。警察によりますと中尾容疑者は14日午後2時15分ごろ、出雲市の運送会社・「上田コールド」に刃物を持って押し入りました。中尾容疑者は40歳の女性従業員1人を人質にとり、立てこもりを続けましたが、発生から18時間がたった15日午前8時半ごろ、捜査員の説得に応じて女性を解放し、その後、監禁の容疑で現行犯逮捕されました。
【2020年01月15日】
115の日 鳥取茸王初売り
肉厚で弾力のある食感、高級シイタケとしてブランド化が進められる「鳥取茸王」が15日、今シーズンの初売りを迎えました。鳥取県では地元で開発された原木シイタケ、「とっとり115」を広く知ってもらう取り組みが続いていて中でも直径8センチ以上、厚さ3センチ以上の「鳥取茸王」は最高級ブランドとして首都圏などでも評判を呼んでいます。この日は鳥取市国府町のスーパーに生産者らが集まり、お客さんに歯応えを確かめてもらう試食を進めながら初売りをアピールしました。暖冬の影響で栽培には苦労もあったということですが、今シーズンも上々のシイタケができました。1月15日は「とっとり115の日」となっていて、1か月間、県内31の店で シイタケのオリジナル料理を提供する「とっとり115フェア」も開かれます。
【2020年01月15日】
ガイナーレ鳥取 新体制を発表
サッカー・J3ガイナーレ鳥取は14日、米子市で会見を開き今シーズンの新体制を発表しました。今年はJ2復帰に向け「ひたむきに情熱をもって戦いたい」と決意を新たにしました。守備の強化を掲げているチームには、ゴールキーパーで鳥取県大山町出身の福留健吾選手など、13人の選手が新たに加入。昨シーズン、18チーム中7位に終わったガイナーレは、Jリーグ参入から10年目の節目となる今シーズンは「情熱2020」をスローガンに掲げます。ガイナーレは3月8日、とりぎんバードスタジアムでカターレ富山と開幕戦を戦います。
【2020年01月14日】
砂に覆われた鳥取砂丘駐車場 6日ぶりに全面使用可能に
1月8日の暴風で砂に覆われ、半分ほどが使えなくなっていた鳥取砂丘の駐車場。14日の朝から砂の撤去作業が進められ、6日振りに全面が使えるようになりました。鳥取砂丘では、駐車場がこれ程大量の砂で覆われたのは十数年振りのことで、駐車スペースの区画線が見えず混乱する恐れがあることから、南側のおよそ半分を駐車禁止にする措置を取っていました。14日、業者の重機を入れ砂を取り除く作業が進められた駐車場、まだ砂は残っているものの6日振りに全面が使えるようになりました。
【2020年01月14日】
北朝鮮向けラジオ 安来で公開収録
政府と民間団体がそれぞれ開設している北朝鮮向けラジオ放送の共同公開収録が、中国地方では初めて安来市で19日に行われます。北朝鮮向けのラジオ放送は、内閣府が「ふるさとの風」、特定失踪者問題調査会が「しおかぜ」という名前で毎日行っています。公開収録は安来市のアルテピアで19日午後2時からで、このほど、米子市の拉致被害者・松本京子さんの兄、孟さんや、島根県出身の特定失踪者の家族らが松江市で会見し参加を呼びかけました。共同の公開収録は中国地方では初めてです。収録では、地元コーラスグループが参加するコンサートや、被害者家族によるメッセージ収録も予定されています。
【2020年01月13日】
ズワイガニ水揚げ 規制の70%で安定 
名物の松葉がになど鳥取県内のズワイガニの年末までの水揚げは、627トンと漁獲制限の72%に抑えられました。県によりますと、11月6日の解禁から年末までの水揚げは松葉がにが237トンと昨シーズンに比べ3%減、親がには370トンと33%減、全体ではシーズン通しての漁獲制限に対して72.1%と抑制されています。これにより1月以降も安定した供給ができる見込みとなりました。昨シーズンは年末までの水揚げが制限の90%を超え、水揚げを大幅に制限せざるを得ませんでしたが、今シーズンは予め自主規制を強化して臨みました。一方単価は松葉がにが昨シーズンより13%アップ、親がにが55%のアップで、特に親がにが高値で取引されました。ズワイガニ全体の水揚げ金額は22億円あまりで、水揚げが減ったにも関わらず1億3500万円あまり増えていて、自主規制の効果が表れた形です。
【2020年01月13日】
無病息災願い「墨つけとんど」
墨を顔に塗って1年の無病息災を願う伝統行事「墨つけとんど」が12日、松江市美保関町で行われました。神輿を担いだ男性たちがまちを練り歩くと墨付け隊の女性が現れ、病気と海難をよけるといわれる墨を出会う人に容赦なく塗りつけます。墨をつけられると1年風邪などひかず、海の事故にもあわないと言い伝えられています。普段は静かな港町ですが、この日はにぎやかな声が響いていました。
【2020年01月12日】
米子ー上海便が初就航
山陰に新たな国際線が誕生です。米子と中国・上海を結ぶ国際定期便が11日、初就航しました。就航したのは米子鬼太郎空港と上海の浦東空港を結ぶ上海吉祥航空の国際定期便です。初便は午前11時22分に到着ロビーでは乗客149人を平井知事や鬼太郎などが出迎えました。上海からの乗客は、「鳥取には来たことがないので初旅路としてここを選びました。」「松葉がにが有名と聞いていますので食べてみたいと思います。」などと話していました。就航を記念した式典では鳥取県の平井知事、上海吉祥航空の趙宏亮総裁らが鏡開きをして、就航開始を祝いました。米子-上海便は、火曜日と土曜日の週2日運航、搭乗時間はおよそ2時間20分です。初日に上海を出発した便の搭乗率は95.5%、米子を出発した便の搭乗率は80%でした。
【2020年01月11日】
テレポート山陰(201904~)
2017-7-31 Nスタ
NEWS23
報道特集
BSS私のスクープ投稿(動画用)
ページトップへ