テレポート山陰

山陰放送のニュース

事件から11年 安全安心なまちを願い「はまだ灯」開催
2020年10月27日
島根県立大学の平岡都さんが殺害された事件から11年となった26日、大学ではキャンドルをともして追悼する 「はまだ灯」が行われました。
この「はまだ灯」は、県立大学浜田キャンパスの広場をキャンドルの灯りで照らし、平岡さんに祈りを捧げるとともに、 安全安心な町づくりを願うもので、学生と市民が協力して2012年から行っています。 しかし今年は、新型コロナの影響で規模を縮小、SNSでライブ配信をしながらの追悼式となりました。
学生代表・小川直城さん「例年通り、みなさんと安心安全について考えるきっかけになればと思います。」
県立大学では、事件を受けて発足した防犯サークルが、今も夜間パトロールなどを続けています。
一番客は神戸から...山陰初!イオンに郵便局が移転
2020年10月26日
松江市の大型ショッピングセンターの中に郵便局がオープンしました。
26日にオープンしたのは、イオン松江SC内郵便局です。 「しまねっこ」があちらこちらにあしらわれた一風変わった郵便局。 局の前にあるポストにも「しまねっこ」が乗っているほか、壁にも大きく描かれ、まるで「しまねっこ郵便局」です。 日本郵便は今回、近くあった郵便局をイオンに移転させました。 イオンのショッピングセンター内に郵便局ができたのは、山陰では初めてです。 また中国地方でも、広島市と岡山県津山市に次いで3局目です。
日本郵便中国支社・小林利行支社長「大きな駐車場もありますし、お買い物の途中に寄っていただく、気軽によっていただける、 そういったことにもつながるんではないかな思います。」
早速、窓口を訪れた男性、神戸からやってきたといいます。新しい郵便局をまわって、初日1番の番号札を集めているとのこと。
神戸から来た男性「一番狙いです。神戸から来たかいがありました。並んだのは7時くらいかな。」
26日は、しまねっこ誕生10周年の切手シートも発行されました。 また、局内のフロアは、隣のタリーズコーヒーとスペースを共有しています。 開局を記念してタリーズコーヒーは、郵便局のキャラクター「ぽすくま」と自社のキャラクターとコラボした ラテアートを入れるサービスを無料で始めました。
日本郵便中国支社・小林利行支社長「双方がウィンウィンの関係になるような形での店舗政策を考えていきたい。」
18歳未満の女性にみだらな行為 男性医師を懲戒免職処分
2020年10月26日
鳥取市立病院は26日、18歳未満の女性にみだらな行為をしたとして逮捕された33歳の男性医師を懲戒免職処分にしたと発表しました。 男性医師は、あわせて3件の罪で略式命令を受けていました。
懲戒免職処分を受けたのは、鳥取市立病院の診療局診療部総合診療科に勤務していた33歳の男性医師です。 男性医師は去年5月ごろ、SNSで知り合った女性が18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、 鳥取県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。 その後、おととし7月にも18歳未満の女性に対し2回、みだらな行為をしていたことがわかり、10月8日、あわせて3件の罪で 罰金50万円の略式命令を受けました。 男性医師は罪を認めているということで、病院は男性医師を26日付けで懲戒免職にしました。 鳥取市立病院は、「信頼回復に取り組んでいきたい」としています。
オール安来で取り組みたい!田中武夫新市長が初登庁
2020年10月26日
10月18日投開票の安来市長選挙で初当選した田中武夫新市長が、26日、市役所に初登庁しました。
現職と新人2人の三つ巴の戦いを制した田中武夫新市長、26日の初登庁は、およそ200人の職員が出迎えました。 市長室ではさっそく、報道陣からお決まりの質問が...
記者「市長のイスに座った気持ちは?」
安来市・田中武夫市長「選挙前までは議長室だったので、立場は全然違うので、それだけの責任を感じている。」
就任式は、職員全員がマスクを着用するなど、感染防止対策をして行われました。
安来市・田中武夫市長「コロナ禍で、産業・市民生活が非常に疲弊していると思う。いち早く立て直すにはどのような選択が必要なのか。 市民のためにオール安来で取り組んでいきたい。」
就任後、初の記者会見では、重要課題である市の基金や、毎年8億円の赤字となっている市立病院の改革などについて問われました。
安来市・田中武夫市長「まずは今の病院の経営体制を立て直す。そこで再生をするということに頭を切り替えている。」
西伯郡で2人 松江市で1人 新型コロナ感染確認
2020年10月26日
25日、山陰両県で新たに3人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。 鳥取県西伯郡に住む50代と20代の女性2人と、松江市在住の20代の女性です。
鳥取県内で新たに感染が確認されたのは、いずれも西伯郡内に住む50代と20代の会社員の女性です。 2人は、10月16日から19日まで鳥取県内に帰省した後、他県で感染が確認された人の家族と友人で、 25日にPCR検査を受け、感染が確認されました。 鳥取県内での感染確認は、9月18日以来で、あわせて37人となりました。
一方、25日は松江市でも20代の女性1人の感染が確認されました。 島根県内での感染確認は、9月24日以来で、141人となりました。
山陰合銀の調査 65%の企業が「コロナの影響出ている」と回答
2020年10月26日
山陰合同銀行が9月行った調査で、山陰の主な企業の65%が、新型コロナウイルスによる影響がすでに出ていると回答しました。
調査は、9月中旬を中心に行われ、山陰の主な企業574社から回答がありました。 それによりますと、新型コロナの影響が「すでに出ている」が65・3%、 「これから出る見込み」は10・3%で、75%を超える企業が、何らかの影響があると見ています。 これらの企業に複数回答でその内容を聞くと、「国内向け需要の減少」が66%で最も多く、 次いで「現地の小売・サービス売り上げの減少」、「納期・納品の遅れ」、「海外向け需要の減少」などが続きました。
自民 石破元幹事長 地元で派閥会長辞任を語る
2020年10月25日
自身が率いる派閥の会長を突然辞任した自民党の石破元幹事長が25日、地元の鳥取市であらためて辞任の理由などを語りました。
石破茂元幹事長は、鳥取市での自民党の県連常任総務会のあと会見を開き、自身の派閥「水月会」の会長を辞任した理由を「結果が出せなかったということ、そして大変なご負担をおかけしたということ期待にお答えすることができなかったことに対しては、それは責任を取らねばならんというふうに、私は考えた次第であります。」と述べました。そして辞任を表明したタイミングについて、臨時国会の前が良いと判断したとしました。また、政策集団である「水月会」は自民党にとって大切なもので、1年以内にある衆議院選挙、そのあとの参議院選挙にむけて結束を一新し、議席を維持できるようにあらん限りの努力をしたいと述べました。
未明に住宅全焼 2人の遺体
2020年10月24日
24日未明、鳥取市で民家を全焼する火事があり、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
24日午前2時前、鳥取市国府町広西の無職、井上泉さん(60)の家から火の手が上がっているのを隣の家の人が見つけ、消防に通報しました。火はおよそ2時間後に消し止められ、木造2階建ての住宅約270平方メートルを全焼。焼け跡からは2人の遺体が見つかりました。井上さんは母親と2人暮らしで2人とも連絡がつかないことから、警察は遺体はこの2人とみて身元の確認を急ぐとともに火事の詳しい原因を消防とともに調べています。
コロナ禍の「新たなカタチ」 野外での楽しみ方を提供
2020年10月23日
コロナ禍で、地元の魅力を「新たなカタチ」で提供する動きが広がっています。 雲南市のワイナリーでは、24日から野外での楽しみ方を提案するイベントが開かれます。
雲南市木次町にある奥出雲葡萄園。カフェの庭先にテントを設置し、10月24日から11月23日まで、 グランピング体験ができる取り組みをはじめます。 三瓶山でグランピングを展開する東京の企業など3社が共同で開催するイベントは、BBQやサウナテントも用意され、 アウトドアの新たな過ごし方を味わうことができます。
ワンダートランク アンド・カンパニー・山田愛里さん「コロナ禍で密を避けて、楽しい時間を過ごすのが難しいが、 こちらでしたらアウトドアで広い空間で安心して食事を楽しんだり、ワインを楽しんだり、アウトドアを楽しむことができる。」
新型コロナの影響でレストランが休業中のワイナリーは、この取り組みが新たな観光スタイルになればと期待しています。
奥出雲葡萄園・佐藤謙一さん「ワインとグランピングを共に楽しんでもらって、雲南市良かったなとまた来てもらえば、 地域経済に寄与できるのではないかなと思う。」
一方、鳥取県日南町では、鳥取県西部の魅力をブランディングする地域商社「大山時間」が企画した サイクルガイドの養成講座が開かれました。これまで土産物の販売などを行ってきた「大山時間」。これからは、サイクリングなどを 「体験」する「コト消費」にも力を入れます。 立ち寄った先は、閉校した小学校にある大イチョウや縁起のいい名前で知られる樂樂福神社などで、 参加者は、地元の人から話を聞いて、その魅力を学びました。
参加者「これから都会の皆さんを呼んで体験をしてもらおうと思っていて、地域の良さを知りたいと思って参加した。」
大山時間・面田公代さん「体験を売るということもあるが、体験を通して、この土地の人のすばらしさを感じてもらいたい。」
参加した13人は、今後、サイクルガイドとしても活動するということです。 「コト消費」で地域の魅力を体験!「大山時間」の新たな取り組みに期待です。
「竹島」が日本領であることを示す新たな資料発見
2020年10月23日
韓国が不法占拠している島根県隠岐の島町の竹島について、日本の領土であることを示す新たな資料が発見されました。 戦後アメリカ政府が作製した地図です。
島根大学・舩杉力修准教授「5本の指に入るくらい少し大きな発見があった。地図は、確かに日本領ですねってことが、 非常に分かりやすく説明できるんで、非常にインパクトある。」
島根大学の舩杉力修准教授によりますと、日本国際問題研究所の委託で米国国立公文書館所蔵の1953年と54年作製の アメリカ空軍の航空図を調べたところ、「LIANCOURT ROCKS」と書かれた竹島と韓国・鬱陵島の間に 国境線が引かれていました。韓国は、1951年のサンフランシスコ平和条約で日本が放棄した海外の領土に 竹島が含まれると主張していますが、平和条約を起草したアメリカが、当時そうした認識を持っていなかったことを示す明確な証拠です。 地図の複製は、竹島資料室で展示し、政府による領土問題のパネル展にも出展される予定です。
雲南市の温泉宿の朝食メニューに3種類のアレンジTKG
2020年10月23日
雲南市にある温泉宿の朝食メニューとして人気の「TKG」こと、たまごかけごはん。 いま、人気イベントから発掘されたアレンジTKGが味わえます。
今では「TKG」と略される「たまごかけごはん」。10月1日から宿泊客の朝食メニューとして、 3種類のアレンジたまごかけごはんを提供するのは、雲南市吉田町の国民宿舎「清嵐荘」です。
吉田ふるさと村・石原秀寿観光事業部長「たまごかけごはん専用醤油の『おたまはん』というのがございます。」
たまごかけごはん専用しょうゆ「おたまはん」。清嵐荘を運営する吉田ふるさと村が、2002年に販売を開始し大ヒット。 2005年からは、まちの活性化イベントとして、毎年10月末に「たまごかけごはん」をテーマにしたシンポジウムを開催してきました。 しかし、今年は、コロナの影響で通常開催を断念し、オンラインで行うことになりました。 そこで、清嵐荘の宿泊客に「たまごかけごはん」の良さを知ってもらおうと、朝食メニューでの提供を思いつきました。 レシピは、青じそとしば漬けを添えた「今昔コケコッコごはん」、吉田町の山々を表現した「吉田山のたまごかけごはん」、 唐辛子みそを使った「激辛たまごかけごはん」、これまでのシンポジウムで特別優秀賞などに選ばれたアレンジTKGを再現しました。
吉田ふるさと村・石原秀寿観光事業部長「GOTOトラベルを使って清嵐荘に泊まってもらい、 ここでしか食べられないたまごかけごはんのレシピで楽しんでいただけたらと思う。」
「GoToイートキャンペーンしまね」の説明会開催
2020年10月23日
11月に始まる島根県の「GoToイートキャンペーンを」前に、22日、出雲市で説明会が開かれました。
11月5日から島根県内の加盟店で利用が始まる「GoToイートキャンペーンしまね」。 食事券は、1セット5000円分を4000円で購入でき、11月5日から来年3月末まで利用できます。 発行総額は、最大50億円の予定です。22日は、出雲市で飲食店向けの説明会が開かれました。
参加者「期待したいと思います。」
食事券は、11月5日からローソンの「Loppi」で購入でき、隠岐地区は、観光協会などで販売します。 一方、鳥取県では、加盟店の登録受付が始まっていて、11月2日に食事券発売、6日から店舗で利用できます。 県も、カニなどが当たるキャンペーンで後押しするとしています。
ワールドマスターズゲームズの会場などを視察
2020年10月23日
全日本アーチェリー連盟の関係者がこのほど、「ワールドマスターズゲームズ」の会場や宿泊施設を視察のため、 鳥取市を訪れました。
生涯スポーツの世界大会「ワールドマスターズゲームズ」は、来年5月、関西を中心に開催される予定で、 鳥取市ではアーチェリー競技が行われます。一行は、競技会場や宿泊施設を視察しました。
全日本アーチェリー連盟・宮崎利帳理事長「健常者とか男女とか年齢とかまったく関係なく、同じ土俵で戦えるというのが醍醐味の 競技スポーツだと思っている。」
新型コロナウイルスの影響で、組織委員会は、「ワールドマスターズゲームズ」の開催時期の延期を検討しています。 28日に開かれる理事会で方針を決め、国際マスターズゲームズ協会に提案することになっています。
丸山知事が「奥出雲おろち号」乗車 ローカル路線の現状を視察
2020年10月22日
島根県の丸山知事は22日、島根県と広島県を結ぶJR木次線の観光トロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗車して、 JR西日本の各路線の中でも利用者が少ないローカル鉄道路線の現状を視察しました。
あいにくの雨の中、丸山知事を乗せた「奥出雲おろち号」は、地元の保育所の園児に見送られ、雲南市の木次駅を出発しました。 丸山知事のおろち号乗車は初めてで、紅葉が始まった中国山地を3段式スイッチバックでゆっくり登る列車の窓から、 秋などの観光シーズンには多くの客を集める木次線や、その沿線の観光資源としての価値を確認しました。
島根県・丸山達也知事「JRの地方路線をどういう風に生かして、どういう風に維持して行くかということは、 島根県にとっても広島県にとっても共通の課題でありますので、そういった所を一緒に連携して取り組んでいく。」
丸山知事は、奥出雲町にあるキノコ栽培会社の工場を視察したあと、車内で広島県の湯﨑英彦知事と合流しました。 2人の知事は、木次線と広島県側の芸備線の活性化について意見を交わしたということです。
衝撃広がる!石破元幹事長が派閥の会長辞任を表明
2020年10月22日
自民党の石破元幹事長が22日、自身が率いる派閥「水月会」の会長を辞任することを表明しました。 突然の辞任に、地元にも衝撃が広がっています。
自民党・石破茂元幹事長「本日の臨時総会で、水月会の会長を辞したいと申し上げました。総裁選挙に立候補したが、 多くの方々の期待に応えることができなかった。その責任は私にあります。その責任を取る。」
石破氏はこのように述べ、石破派の会長を辞任することを表明しました。 辞任の理由については、前回の総裁選挙で最下位になったことなどを挙げました。 石破氏の派閥会長辞任の一報。地元にも衝撃が広がりました。
地元の人「さびしいことはさびしいはな。本人さんが精一杯やられる以外にないんじゃない。」
地元の人「石破さんはよくやってらっしゃった方でしょうし、残念だとは思います。」
地元から会長辞任を惜しむ声が聞こえるなか、気になるのは次の総裁選挙への対応についてですが、 石破茂元幹事長は、「そのようなことについては、きょうは議論はございません。」と明言を避けました。 石破氏の派閥会長辞任を受けて、鳥取県の平井知事は、「深いお考えの上でのご決断と受け止める。これからも国政のど真ん中で、 この国の将来と鳥取県の発展のために辣腕をふるい、日本のトップリーダーとして役割を果たされるようお祈りする。」 とのコメントを出しました。
大田市で民家と離れを全焼する火事 焼け跡から遺体
2020年10月22日
22日未明、大田市で住宅などを全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。 警察は、この家に一人で暮らしていた男性の行方を探しています。
22日午前3時50分頃、大田市大田町野城の無職、水野修治さん52歳の自宅付近から火が出ているのを 新聞配達をしていた人が見つけ、消防に通報しました。 火はおよそ3時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての母屋と鉄骨の離れ合わせて165平方メートルが全焼。 焼け跡から、性別不明の1人の遺体が見つかりました。 警察は、この家に1人で住んでいた水野さんと連絡が取れないことから、遺体は水野さんである可能性もあるとして、 水野さんの行方を探しています。火事の詳しい原因などについては、警察と消防が調べています。
専門家チームを招き浜田港で油流出対応訓練
2020年10月22日
船舶事故などによる油流出に対応しようと、浜田海上保安部はこのほど、専門家チームを招いた大規模な訓練を行いました。
浜田港の長浜桟橋で行われた訓練には、第8管区海上保安本部や巡視船いわみの乗組員ら33人が参加しました。 そして、7月のインド洋モーリシャス沖での重油流出事故で対応にあたった横浜機動防除基地機動防除隊のメンバーが、 海面の油を回収するための機材の使用法を指導しました。 参加者たちはオイルフェンスを組み立てたあと、油を回収する機材・フォイレックスを操作して、油にみたてた水を回収しました。 大量の油を回収できるフォイレックスは、現在、全国18か所の海上保安部に配備されており、巡視船いわみでも運用が可能です。
インフル流行期のコロナ対策...身近なかかりつけ医で外来診療を!
2020年10月22日
インフルエンザの流行期と重なる新型コロナウイルス対策として、鳥取県の平井知事は、身近なかかりつけ医で 外来診療ができる体制を目指す考えを示しました。
鳥取県・平井伸治知事「身近なかかりつけのお医者さんで、なるべく診療して頂けるような体制を目指そうではないか。
平井知事は、医療機関との協議を踏まえ、検査体制の充実を裏付けとして、かかりつけ医で広く診療する方向性を示しました。 検査については、各医療機関での簡易キットの活用とともに、地域で連携する「検査センター」の設置を検討するとしています。 既に県内の半数を越える医療機関が参加の意向を示していて、異変があった時に、まずかかりつけ医で診療を受け、 感染が確認された場合に、指定医療機関などで治療を進める体制が整うことになります。
部活動の遠征で生徒を送迎 教員ら83人を処分
2020年10月21日
教員らを大量処分です。部活動の遠征時に禁止されている自家用車などでの送迎を生徒に行ったとして、鳥取県教育委員会は、 部活動の顧問の教員ら83人を訓告などの処分にしました。
訓告や口頭による厳重注意の処分を受けたのは、県内12の県立高校の野球・サッカー・バレー・バスケットなど 部活の顧問の教員ら83人です。 83人はそれぞれ去年8月から今年1月の間、担当する部活の練習試合など遠征の際、生徒が乗る自家用車やマイクロバスを 自分が運転したり、保護者に運転させたりして送迎したということで、不適切な事例は275件にのぼりました。 県教委のルールでこうした行為は、公式試合で許可を得た場合以外は認められていません。 聞き取りに対し教員は、バス代が高騰する中、保護者の負担を減らしたかったなどと話しているということです。 一方で多数の処分が出たことは実態と合っていないとの指摘もあり、県教委は今後、教員が運転する自家用車などでの 生徒の送迎を認める方向でルールを改めることにしています。
「Art Place SUNABA COFFEE」内覧会
2020年10月21日
鳥取市の、とりぎん文化会館のレストランが、「Art Place SUNABA COFFEE」としてオープンするのを前に、 21日、内覧会がありました。このレストランは、新型コロナウイルス感染症対策として、 スマートホンでQRコードを読み取る非接触型のオーダーシステムを導入しています。
鳥取県・平井伸治知事「スマホ一つでいろんなメニューにアクセスできるので便利だと思いました。いいアイデアだと思います。」。
ぎんりんグループ・東田慶専務「施設を利用する県外の方だったりとか、学会だったりとか、会議等の合間に、 この店で珈琲を飲んでいただけたらと思っています。」
10月24日・25日には、オープンを記念して、100食限定で鳥取牛ローストビーフ丼などが特別価格で提供されます。
高年齢者雇用支援月間 シニア従業員の活用事例について講演
2020年10月21日
10月は、高年齢者雇用支援月間です。高齢者を積極的に採用している大田市の水産加工会社の社長が21日、松江市で講演し、 「働き続けたい高齢者は島根に眠る宝だ」と話しました。
魚の屋・中島勝徳社長「島根のもう一つの宝というのは、一生仕事がしたい、一生現役であり続けたいと願う人が いるということです。」
国の外郭団体と島根労働局などが開いたセミナーでは、大田市にある魚の屋の中島勝徳社長が講演しました。 全国的ヒット商品のワカメのふりかけなどで知られる魚の屋では、手間がかかる天然ワカメの切り分けや、 繊細さが必要な袋詰めなどを高齢者が担い、成果を上げていて、2019年は、国が地域活性化の優良事例を表彰する ディスカバー農山漁村の宝でグランプリを獲得しました。
講演を聞いた製造業者「」誰も見向きもしなかった所を発見できたっていうのはすごい。」
会場では、定年後の継続雇用を考えている会社の代表らが、高齢者の力を生かしながら、どう働いてもらうかという話に 耳を傾けました。
大山で開催 和傘のライトアップ「大献灯」に地元店も期待
2020年10月21日
23日から大山で、「大献灯」が開かれます。和傘が織なす幻想的な美しさが人気のこのイベント。 新型コロナで打撃を受けている地元店からは、例年以上の期待の声が聞かれます。
20日午後7時半の大山、大山寺や参道に灯されたのは、およそ290本の色鮮やかな和傘です。 23日から国内最大級の和傘のライトアップ「大献灯」が始まるのを前に、内覧会が開かれました。 多い時で1万人以上が訪れる「大献灯」。今年は、新型コロナの影響で開催時期をずらし、入場人数を1日500人までに制限。 さらに混雑を避けるため、チケットは事前購入制としました。
大山観光局・足立敏雄代表理事「ライトアップして一番感じるのは、和の雰囲気だと思っております。 なごんでいただけたらと思います。」
例年この時期の大山では、護摩法要や稚児行列などが行われ、多くの人が訪れます。しかし、今年はそのほとんどが中止となりました。 9月にオープンした土産物店は、紅葉と大献灯が、大きな後押しになると考えています。
大山時間Shop・権田和志さん「例年たくさんのお客様が来ると聞いているので、とても楽しみにしている。」
こちらの店では、大献灯の時間に合わせ、営業時間を通常より5時間延長します。 また、来場者が購入したチケットには、店で使える200円分の割引券がついていて、買い物客が増えると予想。 商品を通常の2倍仕入れる計画です。
大山時間Shop・権田和志さん「通常の倍以上の仕入れをしているので、しっかりとお客様に紹介して、販売していきたい。」
一方、新型コロナの影響で客が激減した旅館も、こうしたときだからこそ、大山の魅力を伝えるイベントには意義があると感じています。
とやま旅館・兜山真宏社長「世界中に発信していって、落ち着いたらまた大山の魅力を体感してもらえればと思う。」
旅館では、大献灯の時間に、旅館オリジナルの梨カレーを販売するということです。
大献灯は、23日から25日まで。有料エリアのチケットはすでに完売していますが、無料エリアでも灯ろうの明かりや 飲食を楽しむことができるということです。
日産自動車が県立産業人材育成センター米子校に軽乗用車寄贈
2020年10月21日
日産自動車が21日、米子市の鳥取県立産業人材育成センター米子校に、軽乗用車2台を寄贈しました。 センターでは、自動車整備士の人材育成を行っていて、これまで1000人ほどの整備士が巣立っています。 日産自動車は、授業で役立ててもらおうと、今回提供を申し出ました。
鳥取県立産業人材育成センター米子校・片寄佳人校長「こんなに新しい車がいただけるのは喜ばしい。 訓練生にとっても非常にためになると思うので、しっかりこれから訓練で使っていきたい。」
寄贈された車は、11月から使用していくということです。
浜田郵便局を「特殊詐欺等被害防止モデル店」に認定
2020年10月21日
特殊詐欺被害の未然防止に功労のあった浜田市の郵便局が、このほど、浜田警察署の特殊詐欺等被害防止モデル店として認定されました。
特殊詐欺等被害防止モデル店の認定は、浜田警察署が、窓口での声かけなどで特殊詐欺被害の未然防止に 功績のあった店舗をモデル店と認定し、被害防止に継続して努めてもらおうと始めたもので、 島根県内では初の試みです。この日は、6月に被害を未然に防いだ浜田郵便局で認定証の交付式が行われました。
浜田郵便局・片岡泉局長「引き続き窓口でお客様への声かけをして、被害防止に努めていきます。」
式のあと窓口では、浜田警察署長らが防犯テキストなどを配り、詐欺を撃退するよう注意を呼びかけました。
境港市 大型トラックにはねられ男性が意識不明の重体 
2020年10月20日
20日午後、境港市で、自転車に乗っていた男性が大型トラックにはねられました。この事故で、自転車の男性が意識不明の重体です。
20日午後2時半ごろ、境港市渡町の県道246号の交差点付近で、自転車に乗っていた高齢の男性が  大型トラックにはねられました。 男性は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。大型トラックを運転していた男性にけがはないということです。 現場付近の交差点に信号はなく、警察は、大型トラックを運転していた男性から話を聞くなどして、詳しい事故の原因を調べています。
松江市の新庁舎 工事費削減も総事業費は150億円のまま
2020年10月20日
新庁舎の建設について松江市は、工事費をおよそ4000万円削減したものの、総事業費はこれまでと同じ150億円とする 設計案を明らかにしました。
新庁舎のより具体的な設計案は、20日に開かれた松江市議会の特別委員会で明らかにされました。 「実施設計」と呼ばれるその案では、これまでの「基本設計」に比べ、工事費をおよそ4200万円削減した一方、 備品購入など「その他の経費」をおよそ4000万円増額。事業費全体は、150億円のままとしました。 工事費の減額は、テラスの床材など、外装や内装の見直しなどによるとしています。
松江市新庁舎整備課・岡田等課長「余裕幅を見ながら、今後のコスト高騰も含め対応できるように、150億円のままとさせてもらった。 第一は、この150億円の範囲内でやっていくのが一番大切。」
市庁舎の建て替えは、12月中に契約を結び、年明けには工事が始まる予定です。
「赤い羽根共同募金」のお礼の品に「赤い羽根マスク」登場
2020年10月20日
新型コロナの影響で助け合いの募金活動もピンチです。現在展開中の「赤い羽根共同募金」、一部の街頭募金を自粛する中、 松江市では「今どきのお礼の品」が登場し、注目を集めています。
松江市の社会福祉協議会が、赤い羽根共同募金の「お礼」として用意したのは、オリジナルの「赤い羽根マスク」です。 松江市出身の漫画家・園山俊二さんが生み出したキャラクター「ガタピシ」と赤い羽根がデザインされていて、 1000枚作製しました。 マスクは、500円以上の募金へのお礼として渡すことにしたもので、ちなみに、これまでのお礼はガタピシをあしらった ピンバッジでした。
そして、こんな取り組みも...
松江市社会福祉協議会・兼折功一専務理事「コロナ禍ですし、これからインフルエンザの方も流行ってきますので、 予防ということで使ってもらえればと思います。」
松江市共同募金委員会事務局・岩本佳久さん「しまねっこと赤い羽根共同募金がコラボしたオリジナルのピンバッジ。 ガチャガチャマシーンを利用して、子どもから大人まで、懐かしく感じてもらいながら共同募金への協力をお願いしている。」
工夫を凝らし、募金活動を続ける関係者。松江市オリジナルの「赤い羽根マスク」は、松江市社会福祉協議会や公民館などで、 お礼の品として渡されます。
山陰合同銀行 不使用口座の管理手数料徴収へ
2020年10月20日
松江市に本店を置く山陰合同銀行は、預金口座の不正利用による被害を防ぐため、使われない口座の管理手数料を 徴収することを決めました。
対象となるのは、11月2日以降に開設する普通預金口座のうち、預け入れや払い戻しなどの利用が2年以上無い 預金残高1万円未満の口座で、手数料は、年間1320円(税込)です。 利用の無いことが確認されると文書で通知し、手数料は、口座から引き落とされます。 また、開設時期によらず、残高1万円未満の普通預金口座や定期預金などは、印鑑がなくても運転免許証などで解約できるよう 手続きを簡素化するということです。 ごうぎんでは、口座の不正利用による被害防止や、管理コスト削減につなげたい考えです。
県ゆかりの選手の功績を紹介「とっとりスポーツスクエア」開設
2020年10月20日
鳥取県ゆかりのスポーツ選手の功績などを紹介する「とっとりスポーツスクエア」が、鳥取市の県民体育館に開設されました。
鳥取市の県民体育館に開設された「とっとりスポーツスクエア」、展示テーマは、「世界に輝く!鳥取県のアスリート」です。 2012年のロンドンオリンピックに出場した琴浦町出身の川中香緒里選手(アーチェリー)の銅メダルや、 東京オリンピックに出場予定で米子市出身の入江聖奈選手(ボクシング)のグローブ、同じく米子市出身の三上紗也可選手(飛込)の水着など およそ30点が並びます。
鳥取県・平井伸治知事「いろんな方々に見ていただき、よし、スポーツやってみようか、自分も目指してみよう、 こういう気持ちになっていただければと思います。」
展示は、2021年9月5日までです。
「GoTo商店街」山陰で2件が採択
2020年10月19日
新型コロナウイルスで打撃を受けた商店街を支援する「GoTo商店街」。山陰で2件が採択されました。 このうち、松江市の商店街が、早速20日から取り組みをスタートさせます。
「GoTo商店街」に名乗りを挙げたのは、松江市中心部にある「松江天神町商店街」「竪町商店街」「松江駅本通商店街」の3つの商店街。 あわせて80近い店舗が、共同事業に初めて取り組みます。 お茶や和菓子の老舗が集中するこの地域は、10月に入ってから少しずつ客足が戻り始めているものの、新型コロナの影響が 今も影を落としています。
松江天神町商店街・中村寿男理事長「コロナの影響からすごく元気がない、困っているのが実態でした。 自分たちの自己資金がないので動けなかった。」
そこで注目したのが、商店街活性化のため政府が打ち出した「GoTo商店街」。 新型コロナウイルスで打撃を受けた商店街を支援する事業で、最大1400万円が補助されます。 事業が採択された3つの商店街は、「橋南GoTo商店街」の名前で20日に動画配信を始める予定で、 来年2月までの間、感染拡大防止対策を徹底しながら、にぎわいを取り戻すためのイベントなどを企画します。
また、鳥取県でも一つの事業が採択されました。事業は、県内3つの組合が協力して行います。 具体的には、毎月最終金曜日に米子市で開かれている「地ビールフェスタ」をベースにイベントを開催。 地元の大学生ら若者を商店街へ呼び込みます。
角盤町商店街振興組合・森紳二郎代表理事「採択されて本当にありがたいです。皆生温泉組合・鳥取県酒造組合との3社コラボで、 さらに大学生の知恵とか意見を取り入れながら、新しい地ビールフェスタを開催していきたい。」             
シェフが先生に...大田市の小学校で「味覚の授業」開催
2020年10月19日
食文化と向き合うことを目的に、毎年行われている教育活動「味覚の一週間」が、全国で開かれています。 19日は、大田市の小学校でも開かれ、子どもたちが、五感を使って「味わうことの大切さ」を学びました。
フランスで毎年10月に行われる教育活動「味覚の一週間」、日本では、今年で10回目を迎えます。 その一環として19日、大田市の大森小学校で開かれたのは、松江市のフレンチレストランのオーナーシェフによる 「味覚の授業」です。用意されたのは、藻塩や柚子果汁など地元の食材。児童たちは、塩味、酸味、苦味、甘味、そして、 うま味を加えた5つの味を5感を使って確かめ、「味わうことの大切さ」を学びました。
児童「舌でどう感じれば良いのかを知れたので良かったです。これを家で料理にしたらおいしそうだなと思いました。」
原博和シェフ「小さいころに、しっかりとした味覚を作っていくことが大事だと思います。すごく良いものが島根にたくさんあるので、 それも含めて感じてほしいです。」
「味覚の授業」は、11月末までに、島根県内の8つの市、あわせて9校で行われ、およそ700人の児童が学ぶ予定です。
新型コロナで献血者減!ライオンズクラブが献血活動実施へ
2020年10月19日
新型コロナの影響で献血者数が減る中、出雲市の4つのライオンズクラブは、合同で献血活動を行うことにしました。
出雲市を中心に活動する4つのライオンズクラブは、日ごろから献血やアイバンクの登録などを呼びかけています。 新型コロナの影響で献血者数が減っていることから、10月26日には、出雲市役所で献血活動を実施することにしました。
出雲中央ライオンズクラブ・日下眞二さん「新型コロナで献血の量が少ないということも鑑みて、 献血の募集も兼ねてパネル展をすることにした。」
19日から26日までは、各クラブの地域貢献活動を掲載したパネルを市役所に設置し、献血への協力を呼びかけます。
斐川ライオンズクラブ・長岡秀治さん「献血したい人はたくさんいるが、情報が少ないということもあり、 もっとこの地区の人に広めてみようと思うところであります。」
献血活動は、10月26日午前10時から出雲市役所で行われます。
鳥取城跡の新たなシンボル「擬宝珠橋」で児童が橋磨き
2020年10月19日
鳥取城跡の新たなシンボルとして復元された擬宝珠橋を大切にしようと、19日、地元の小学生が橋磨きをしました。
橋磨きをしたのは、擬宝珠橋の目の前にある久松小学校の5年生38人、バケツとぞうきんを持って橋にやってきました。 擬宝珠橋は、鳥取城跡の復元工事の一環として2年前に完成し、江戸時代そのままの美しいアーチが再現されました。 子どもたちは、ヒノキを痛めないよう、固く絞ったぞうきんで木目に沿ってなでるようにと指導を受け、 欄干や橋の名の由来となった金属製の擬宝珠を拭きあげていました。
児童「キュッとしただけで汚れが、ぞうきんが真っ黒に。」
児童「学校の前に昔からあった橋を復元させたものがあって、いいなと思いました。」
きれいになった擬宝珠橋のたもとで、週末には復元が進む大手門の上棟式が行われます。
安来市長選挙 新人の田中武夫氏が初当選
2020年10月19日
任期満了に伴う安来市長選挙は、18日に投開票が行われ、新人の田中武夫さんが、現職と新人の2人をやぶり、 初当選を果たしました。
現職と新人2人の三つ巴の戦いとなった安来市長選挙は、無所属の新人・田中武夫さん71歳が9304票を獲得、 現職の近藤さんと新人の作野さんを抑え、初当選を果たしました。
初当選・田中武夫さん「令和5年度必ず安来の基金を30億円残すことを目指して、まずは行政の改革、そして、 それが財政の改革につながると思っております。できることは速やかに決断して、責任をもって実行していくこと、 それが、まず第一にやっていこうと思うことでございます。」
投票率は、前回を9.77ポイント上回る67.12パーセントでした。
隠岐の島町長選挙 池田高世偉氏が再選
2020年10月19日
任期満了に伴う島根県隠岐の島町の町長選挙は、18日に投開票が行われ、無所属の現職・池田高世偉さんが65歳が5805票を獲得し、 新人の安部さんにおよそ2000票の差をつけ、再選を果たしました。(投票総数9537票、有効票9465票、無効票72票)
池田さんは、町の副町長などを経て前回の町長選で初当選、2期目となります。 選挙戦では、教育・子育てへの重点施策や第一次産業の再生などを訴えました。 投票率は80.83パーセントで、前回を0.58ポイント上回りました。
津和野町 60代男性がクマに襲われ大けが
2020年10月17日
16日の夕方、島根県津和野町で男性がクマに頭などをかまれ大けがをしました。
16日午後6時頃、鹿足郡津和野町名賀の山林で、近くに住む60代の男性がイノシシの侵入防止用の金属柵を点検していたところ、突然現れたクマにわれました。男性はドクターヘリで出雲市内の病院に運ばれ、頭と顔、足を噛まれていて重傷です。男性を襲ったのはツキノワグマの成獣と見られ、現場付近でクマのふんが見付かったことから、町が17日に捕獲用のおりを仕掛けました。現場は山口県境に近い山間で、付近では数日前からクマの目撃情報が続いていたということです。町と警察が現場周辺をパトロールしているほか町内放送で注意を呼び掛けています。
米子の中心市街地で"マルシェ"にぎわう
2020年10月17日
鳥取県中西部の新鮮な野菜や特産品などが並ぶイベントが17日、米子市の中心市街地で開かれました。
米子市の中心市街地・角盤町エリアのにぎわい創出と参加者・来場者同士のつながり創出を目的に開かれた、"大山山麓・日野川流域つながるマルシェinえる・もーる"。今回は鳥取県中西部の10市町村のほか、大山ブランド会やチーム米子などの団体、日野高校も出店し、店には新鮮な野菜や特産品、加工品が並びました。イベントは新型コロナの感染対策を施したうえで開かれ仮装をしての写真撮影やたたら操業の体験ができるブースもあり、多くの人でにぎわいました。主催した角盤町商店街振興組合は30日には同じ会場で「地ビールフェスタ」を開催します。                 
米子・松江で今シーズン一番の寒さ 紅葉の見ごろはいつ?
2020年10月16日
16日の山陰地方は、米子や松江などで、今シーズン一番の寒さとなりました。 秋が深まりつつあるなか、紅葉の見ごろは、いつになるのでしょうか?
16日の最低気温は、米子で11.5度、松江で13.0度と、各地で今シーズン一番の冷え込みとなりました。 こうして秋が深まるなか、気になるのが紅葉の見ごろです。
大山自然歴史館・矢田貝繁明館長「おそらく、例年と同じように10月の下旬には、大山寺あたりが紅葉の最中。 大山寺より下になると、11月上旬くらいまでが見ごろだと思う。」
登山客「色づいてきていた。秋の訪れを感じる。これから登るのが楽しみ。」
日本気象協会が15日に発表した最新の紅葉色づき予想でも、中国地方の紅葉の見ごろは、平年並みか遅く、 大山で10月31日ごろを予想しています。 日本気象協会によりますと、今後は山沿いで朝晩冷え込み、色づきは標高の高い所からゆっくり進むということです。
楽しくてお得な旅を!「ポケふた」と「トリパス」がコラボ
2020年10月16日
ポケモンのマンホール「ポケふた」と、鳥取県内の観光地をお得に周れるガイドブック「トリパス」が手を結びました。 ポケふたのスタンプを集めると、うれしい賞品も用意されています。
「ポケふた」とは、ポケモンの絵が描かれたマンホールのふたのこと。鳥取県はサンドとアローラサンドが、ふるさと大使ならぬ 「ふるさんど大使」になっていて、広く設置されています。この秋、新たに県内5か所に設置され、 19市町村全てに ポケふたが揃いました。 そこに目を付けたのが、鳥取県観光連盟が発行する旅のガイド「トリパス」。ポケふたのスタンプを集めることで、 豪華な賞品が当たる企画を用意しました。
鳥取県観光連盟・竹内徳美さん「今回から全市町村にポケふたが設置されたこともありまして、その目的地だけではなく、 マンホールの周辺もちょっと周遊していただくことを目的に。」
新型コロナの影響で観光客の足が遠のく中、人気のポケモンとのコラボは刺激策になるとも考えられ、 感染予防対策を徹底して、スタンプラリーをすすめています。
鳥取県観光連盟・竹内徳美さん「マンホールにいろいろな、その町や市にちなんだものが描かれてますので、 それを1つ1つ見ながら楽しんでいただくのもオススメの楽しみ方ですね。」
スタンプ2個で当たる賞品は、松葉がにや鳥取和牛など海の幸・山の幸を集めたコースと、 非売品の「サンドのけん玉」などポケモングッズを集めたサンドコースが用意されています。 地元の観光名所や特産品もデザインされた鳥取県の「ポケふた」、「トリパス」とともに、楽しくてお得な旅のきっかけにと 期待が高まります。
鳥取県初出店!人気とんかつチェーン「かつや」が米子にオープン
2020年10月16日
鳥取県初出店です。とんかつ専門店「かつや」が16日、米子市にオープンしました。
1998年、神奈川県相模原市に1号店をオープンしたとんかつ専門店「かつや」、鳥取県初進出の店は、 国内415店舗目となります。
客「以前、県外で生活をしていた時に結構利用していたので、ようやくできたなと思って。楽しみで来ました。」
客「一日一品ずつ食べて、全メニュー制覇を目指して頑張りたいです。」
「かつや」の最大の魅力は安さ。カツ丼は1杯490円(税別)からです。18日まではワンランク上のカツ丼など4品を、 500円(税別)で提供します。 新型コロナの影響で多くの飲食店が苦境に立たされるなか、なぜ「かつや」は鳥取県に初出店したのでしょうか。
かつや・大内勇一社長「厳しい中でも、日本全国のかつやファンが多く来店してくれている。 この鳥取でも、早めにオープンしたいなと場所を探していたので、非常に感慨深い。」
さらに、大内社長は、今後の出店の可能性について、次のように語りました。
かつや・大内勇一社長「この米子を、数多くの人に支持される店にするのが第一前提になる。 そのなかで、このお店をきっかけに、鳥取県内でも可能性が見えれば、出店をどんどんしていきたい。」
聖火リレーの日程 鳥取県は来年5月21日と22日
2020年10月16日
新型コロナウイルスのため1年延期となった東京オリンピックの聖火リレー、16日に開かれた鳥取県実行委員会で、 来年5月21日と22日に、鳥取県内の全市町村を回ることが確認されました。
鳥取県実行委員会で確認された概要によりますと、来年5月21日は境港市をスタートして10市町村を回り、 倉吉市で到着を祝うセレブレーション、22日は琴浦町をスタートして9つの市と町を回り、 鳥取市でセレブレーションを迎えます。 今年予定されていた計画をほぼそのまま引き継ぎ、ランナーもイモトアヤコさんら今年決まっていた人が優先されます。
鳥取県・平井伸治知事「新型コロナを乗り越えていく大きなきっかけにしたいと思います。」
新型コロナ感染予防として、セレモニーなどが簡素化されますが、沿道での観覧の自粛は求めないということで、 今後、対策を練ることにしています。
なお、島根県での聖火リレーは来年5月15日と16日で、津和野町をスタートし、松江城まで14市町村を回ります。
秋の味覚「マツタケ」が安い!なぜ?
2020年10月15日
すがすがしい秋の青空が広がった15日の山陰地方。秋の深まりを感じさせる中、 秋の味覚の代表格「マツタケ」が記録的な安さとなっています。
境港市内のスーパー「岡田商店」。ずらりと並んだマツタケの価格を見ると...ひとパックなんと980円! 外国産ですが、1本あたりなんと250円という破格値です。
買い物客「買おうかな。外で食べようと思ったらとても高いから。」
地元産のマツタケは、100グラムあたり2980円で販売されていました。 こちらも、例年より大幅に安い価格だといいます。
岡田商店本店青果部・永見孝之さん「外国産はやっぱり国産との兼ね合いがあるので、国産が下がってきてくれているので、 少し求めやすくなってきたかなと思います。」
店によりますと、今年の地元産のマツタケの価格は、例年より2割から3割安くなりました。 それに伴って外国産の取引価格も下落。外国産は、店頭で1000円を切る値段で販売されています。 では、一体なぜ地元産マツタケの値段が下がったのでしょうか。
岡田商店本店青果部・永見孝之さん「今年は長雨とかあったので、出来が少しよかったのかなと思います。」
梅雨の長雨のおかげで、今年はマツタケが豊作だったといいます。 さらに、新型コロナウイルスの影響で外食需要が減ったことも、価格下落につながったとみられています。 国産、外国産ともに例年よりも安いマツタケ。今年は、ちょっとぜい沢してみるのもいいかもしれません。
島根県原子力防災訓練実施 コロナの影響で住民は不参加
2020年10月15日
新型コロナウイルスの感染への対応も盛り込んだ島根県原子力防災訓練が15日、安来市で行われました。
島根県などが毎年行っている島根原発の事故を想定した防災訓練。15日は、新型コロナの影響で、 住民が参加しないカタチで行われました。 訓練は、「UPZ」と呼ばれる島根原発から5キロから30キロ圏内に住む人たちが、県外に避難する想定で行われました。 設けられた検査場では、従来の放射性物質の検査に加え、新型コロナに備えた体温測定や症状の有無を確認する訓練も行われました。 参加した県と中国電力の職員たちは、防護服を身に着け、手順を確認しました。
島根県原子力安全対策課・佐藤淳室長「住民の皆さんには参加していただかないということで、きょうは進めましたけれども、 今後感染の状況がどうなるか、これを見ながら対応していく必要がある。」
島根県は、国や鳥取県などとも協議して、新型コロナ対応を含めた検査手順を整えていきたいとしています。
医療機関のために役立てて!生保会社が鳥取県に50万円寄付
2020年10月15日
新型コロナウイルスの対応で多忙を極める医療機関や医療従事者のために役立ててくださいと、15日、生命保険会社が、 鳥取県に寄付金を贈りました。
寄付をしたのは、住友生命保険相互会社鳥取支店で、齋藤敦支社長が、鳥取県の野川副知事に50万円の目録を手渡しました。 住友生命鳥取支社は、6月1日から4か月、顧客に健康に関するアンケートを実施、1枚につき5円を寄付をする 「ゲゲゲの寄付し太郎活動」を展開しました。
住友生命保険相互会社鳥取支社・齋藤敦支社長「お客様の不安とか、日ごろコロナでこういうことが必要だなっていう声を県に届ける、 お役に立てるように寄付も募る、ということで始まった活動です。」
県は、寄付金を医療機関や医療従事者のために役立てるとしています。
鳥取県産の二十世紀梨 出荷量は前年63% 販売金額は前年85%
2020年10月15日
今年の鳥取県産の二十世紀梨は、出荷量が去年の6割に留まる一方で、販売単価は過去最高を記録しました。
JA全農とっとりによりますと、今年の鳥取県内二十世紀梨は、13日までのまとめで、出荷量が2284トンと、 去年の63%にまで落ち込みました。 出回る量が減ったことを反映して、販売単価は1キロ当たりが509円と、去年の135%となり、過去最高を記録しました。 一方、販売金額は11億6300万円あまりで、去年の85%に留まりました。 出荷量が減った理由についてJA全農とっとりは、県内での栽培面積の減少に加え、全体に小玉傾向だったことを挙げています。 また単価の高騰は、出回る量が少なかったうえ、全国的な傾向として果物が不足していたことを挙げています。
空きビルをリノベーション 鳥取市にシェアハウスがオープン
2020年10月15日
鳥取市の中心街にある空きビルをリノベーションして、シェアハウスがオープンすることになり、14日、記念のセレモニーが 行われました。
シェアハウスとしてオープンするのは、鳥取駅の近くにある3階一部5階建てのビルで、以前は雑貨や衣料品などを扱う 店舗が入っていました。 鳥取駅周辺の活性化事業に取り組む「まるにわ」が、市と金融機関で作る「とっとりまちづくりファンド」の支援を受け、 建物内部の改装を行いました。
まるにわ・齋藤浩文社長「今後も公民、及び支援機関一丸となって、鳥取市のまちづくりを進めていくことに貢献できたらと 思っている。」
既に提供する5部屋すべての入居者が決定していて、これから順次、入居していくということです。
倉吉農業高校で青パパイアの収穫
2020年10月14日
倉吉農業高校の生徒たちが14日、青パパイアの収穫をしました。
完熟する前に収穫する青パパイア。野菜としての可能性を探ろうと、倉吉農業高校で、おととしから栽培しています。 14日は、生物科で野菜作りを学ぶ高校生7人と地元の農家の人たちがペアになって、 大きく育った青パパイアの実を取り入れました。 青パパイアは、倉吉では冬を越せないため、毎年2月に種まきをして、一から育てなければなりません。 ただ植え替えをした後は、雑草を防ぐシートを敷き、肥料を与えるだけで、ほとんど手を掛けずに育てることができます。 高齢化が進む県内の農業にも適しているのではないかと期待されています。
倉吉農業高校・秋山勝正主幹教諭「もしこれが高く売れるということになれば、地域の特産品に十分なる作物ではないかなと考えています。 山陰地方でも、寒いところでもパパイアができるという。」
ウリ類に似た淡白な味の青パパイアは、カレーや炒め物、サラダなどの料理に合うということです。 取り入れた青パパイアは、生徒が勉強の一環として、18日に市内の店で販売します。
ジャマイカ陸上競技連盟に競技用ハードル寄贈
2020年10月14日
東京オリンピックの事前キャンプ地に決まるなど鳥取県との交流が続くジャマイカの陸上競技連盟に、 競技用のハードルが贈られることになりました。
ジャマイカにハードルを贈るのは、今回が3回目。 競技場で使われていた3セット27台が贈られることになり、14日、出発式が行われました。 ジャマイカの陸上チームは過去2回、世界陸上の事前キャンプを行ったことで鳥取との友好の輪が広がり、 姉妹提携の締結、東京オリンピック事前キャンプ地の決定へとつながりました。 しかし、世界トップレベルの選手を輩出するジャマイカも、中学・高校生の練習環境は整っておらず、 これまでにも、鳥取県から品質の良い日本製のハードルを贈っています。
鳥取陸上競技協会・浜崎晋一会長「我々が贈ったハードルが、虹の架け橋になって子どもたちに希望を与える、 そのことによって鳥取県民が喜び、元気と勇気を与えて頂くと。」
ハードルは、ジャマイカに空輸され、12月から練習に使われるということです。
松江警察署で手話講習会 適切な対応を学ぶ
2020年10月14日
地域のパトロールや巡回連絡などを担当している警察官が14日、松江市で手話の講習会に臨みました。
障がいがある人に対して適切な対応ができるようにと、松江警察署が開いた講習会には47人が参加しました。 参加した警察官はまず、聴覚障害者がどのような不便を感じているのかなどについて、松江ろう学校の教員から話を聞きました。 そして、このほど完成したばかりの手話ハンドブックを使いながら、自己紹介や「困っている」など 現場で使える手話表現を練習したほか、警察官3人が耳が不自由な人の家に巡回連絡に訪れたという想定で、実演に挑みました。
警察官「自分が言ってることが伝わってるかなみたいな表情で見られたことがある。 もっと安心して話してもらえるように心がけていきたい。」
講習会は、参加者を入れ替えて15日も開かれます。
境港市観光協会がコロナ特別講演会開催
2020年10月14日
ウイルス研究の専門家が登壇です。新型コロナウイルスの対処法などを学ぶ講演会が11日、境港市で開催されました。
この講演会は、新型コロナウイルスへの正しい知識を身につけることで、今後の誘客対策などに役立ててもらおうと、 境港市観光協会が企画しました。 講演会では、ウイルス研究の専門家で京都大学の宮沢孝幸准教授が登壇。 宮沢准教授は、新型コロナウイルスもSARSコロナウイルス同様に動物由来のもので、 マスクや換気をすることで、感染リスクは大幅に下げられることなどを説明しました。
来場者「講演を聞いて、そんなに怖がることはないという風な感じでしたけど、ウイルスについては、わからないことが一番怖い。」
境港市観光協会は、今後も新型コロナウイルスの正しい知識と対処法の啓発に努めていきたいとしています。
米子と出雲発着の羽田便 11月から1往復増え1日4往復に
2020年10月14日
山陰の空港を発着する東京・羽田便は、新型コロナウイルスの影響で減便が続いていますが、11月から米子と出雲を発着する便が 1往復増えます。
11月の全日空の東京・羽田便は、米子鬼太郎空港発着が1日4往復となり、現在より1往復増えます。 鳥取砂丘コナン空港発着は1日2往復で現状と変わりませんが、祝日が絡む11月3日・20日・21日・23日は1日3往復となります。 また、萩・石見空港を発着する便は1日1往復で、これまで通りです。 一方、出雲縁結び空港を発着する日本航空の東京・羽田便は、1日5往復から3往復の減便となっていますが、 11月からは1往復増え、1日4往復の運航になるということです。
町長選挙 隠岐の島町は選挙戦 邑南町と南部町は現職が無投票当選
2020年10月13日
任期満了に伴う島根県隠岐の島町の町長選挙が13日、告示され、現職と新人の一騎打ちとなりました。 立候補したのは、届出順に、無所属の現職で再選を目指す池田高世偉さん65歳と、無所属の新人で前町議会議員の 安部大助さん39歳の2人です。 池田さんは、副町長などを経て、2016年の選挙で初当選し、2期目を目指しています。 安部さんは、2009年から町議会議員を3期務めました。 現職と新人の一騎打ちとなった隠岐の島町長選。投票は、10月18日で即日開票されます。
一方、任期満了に伴い13日に告示された島根県邑南町の町長選挙は、無所属の現職、石橋良治さん71歳のほかに 立候補の届出はなく、石橋さんが、無投票で5期目の当選を果たしました。
また、同じく任期満了に伴い13日に告示された鳥取県南部町の町長選挙は、現職の陶山清孝さん64歳が無投票で再選を決めました。