山陰放送のニュース

足立美術館 入館者数2000万人突破
2019年10月16日
安来市にある足立美術館の入館者数が16日、2000万人を突破しました。 2000万人目となったのは、沖縄県那覇市の会社員、仲松朱里さんで、16日は、家族と訪れました。 足立美術館は、アメリカの専門誌で16年連続日本一に輝いた「日本庭園」が人気です。 昨年度までの、年間入館者数は、3年連続で60万人を超えていて、 今後、年間100万人を目指したいとしています。
鳥取県が台風の被災地「長野県」支援へ
2019年10月16日
東日本を中心とした台風19号の甚大な被害を受け 鳥取県は16日、災害復興支援本部を立ち上げ、長野県の支援をすることになりました。 災害復興支援本部の立ち上げは東日本大震災以来で、 全国知事会など広域的な支援の枠組みの中で鳥取県は長野県を支援することになりました。 既に災害対策専門の県職員2人を派遣し情報収集を進めるとともに、 住宅の被害認定、保健師などによる衛生対策、避難所に派遣する手話通訳者など 派遣の準備をしています。 更に、被災した自治体を都道府県などが一対一で支援する「対口支援」の支援先が 長野県飯山市と決まりました。 また、台風19号により県内で、のべ7万5000戸以上が停電したことを受けて、 鳥取県は中国電力に対し、情報共有して対策を進める協定の締結や 潮風による送電設備への「塩害」の対策を求める緊急の申し入れをしました。
注意!米子市でクマの目撃情報
2019年10月16日
14日の夕方、米子市淀江町でクマが目撃され、市などが注意を呼びかけています。 「体長80センチほどのクマを見た」。 14日午後5時15分ごろ、米子市淀江町で猟友会メンバーの70代の男性から 体長80センチほどのクマを目撃したと市役所に通報がありました。 クマが目撃されたのは、米子市役所からおよそ12キロ離れた米子市淀江町。 むきばんだ史跡公園から1キロほどの距離の道路沿いです。 車から降りてイノシシ用の罠を確認しようとした男性が、 50メートルほど離れた場所にクマを目撃したということです。 クマはツキノワグマの成獣とみられ、男性に気づいて走って逃げたということです。 米子市と、周辺の自治体では住民らに注意を呼び掛けています。
出雲駅伝の会場で現金盗む 窃盗容疑で男を逮捕
2019年10月15日
14日に出雲市で開かれた「出雲駅伝」の会場で、学生のかばんから現金およそ33万円を盗んだ疑いで、無職の男が現行犯逮捕されました。男は過去にも車上荒らしやコンビニ強盗で逮捕され、実刑判決を受けていました。窃盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、出雲市西園町の無職・川井 雄太容疑者32歳です。警察によりますと、川井容疑者は14日午後5時すぎ、「出雲駅伝」後の記録会が行われていた県立浜山公園陸上競技場の室内控室で、東京都から出場していた大学チームの部費など、現金合わせて32万9,000円をマネージャー2人のかばんから抜き取ったと見られています。川井容疑者は、当時上下ジャージ姿で、マネージャーのかばんに財布を戻しているのをチームの監督が気づき、その場で取り押さえて逮捕されました。 川井容疑者は「盗んだ事に間違いはありません」と容疑を認めているということです。川井容疑者は、過去にも松江市での車上荒らしや、出雲市のコンビニ強盗で逮捕され、実刑を言い渡されています。
江原道交流団が鳥取来県
2019年10月15日
日韓関係が悪化しても交流を続けます。10年前から、障がい福祉分野で交流を続ける鳥取県と韓国・江原道。日韓関係悪化による交流中止が相次ぐ中、今年も障がい者施設の関係者らが県を訪れ、バリアフリー化が進んだ米子市の施設を見学しました。岡山空港から鳥取県入りしたという一行は、18日までの4日間、県内の障がい者支援学校や施設を視察する予定です。
台風19号 鳥取県で7万戸が停電
2019年10月14日
甚大な被害を出した台風19号、山陰でも強風によるとみられる停電が発生しました。中国電力によりますと鳥取県全域で延べ7万500戸が停電しました。また米子市では台風通過後の13日から14日にかけても電線のショートが原因とみられる停電が、約3,000件相次いで発生しました。原因は電柱に吹きつけた潮風で絶縁体に塩が付着し、ショートする塩害とみられ、中国電力は米子市内約40か所で電線についた塩を洗い流す作業をしました。米子市の停電は、14日の夕方にはすべて解消されました。
正調関乃五本松節 全国大会
2019年10月14日
島根県を代表する民謡、「関乃五本松節」の全国大会が14日、松江市美保関町で開かれました。「関乃五本松節」は 江戸時代、船頭が 目印にしていた五本の黒松を、松江藩主が 眺望の妨げになるとして切らせたことから、地元の人々がやり場のない気持ちを唄ったのが由来です。36回目を迎えた今年の大会には、山陰両県からのべ122人が参加、階級別に、唄や太鼓など4部門を競う個人戦などが行われ、日頃磨いた技を披露しました。全国大会の模様は、BSSラジオで27日午後2時から放送します。
コハクチョウ米子水鳥公園に今季初飛来
2019年10月13日
米子水鳥公園に冬の使者です。今シーズン初のコハクチョウが飛来しました。13日正午前、野鳥の観察に来ていた男性2人が米子水鳥公園のつばさ池の上空を飛ぶ成鳥とみられるコハクチョウ2羽を確認しました。コハクチョウは公園上空を横切り、そのまま通過したということです。今シーズンの初飛来は去年より1日早いものの例年並みだということです。
境港で水産まつり
2019年10月13日
境港市では13日、「境港水産まつり」が開かれ、港町が賑わいました。「境港水産まつり」は、消費者に水産物への理解を深めてもらおうと毎年開かれていて、今年で36回目です。会場では、ベニズワイガニやカニ汁が無料でふるまわれ、県内外から訪れた約4万2000人が海の幸を味わいました台風の影響で、鳥取県の試験船「第一鳥取丸」などの 体験乗船は中止になりましたが、会場では競りの体験などもあり、大勢の来場者で賑わいました。
電車にはねられ高齢女性死亡
2019年10月10日
松江市の一畑電車で、線路を横断していた高齢女性が電車にはねられ死亡しました。10日午前8時すぎ、松江市秋鹿町で、松江しんじ湖温泉駅発の一畑電車が、線路を横断していた近くに住む田中継子さん85歳をはねました。田中さんは現場で死亡が確認されました。電車に乗っていた乗客と運転士合わせて15人にけがはありませんでした。この事故で一畑電車は、3本の列車が運休、568人に影響がでました。事故は電車が秋鹿町駅を発車した直後に起きたと見られ、警察が事故の原因を調べています。
下半身を露出した島根県職員逮捕
2019年10月10日
ラグビーワールドカップが開かれている競技場の近くで下半身を露出したとして、36歳の島根県職員の男ら2人が、9日、警察に逮捕されました。公然わいせつの疑いで現行犯逮捕されたのは、雲南市の島根県職員・佐藤慎太郎容疑者36歳と、出雲市の会社員・米原和宏容疑者34歳です。佐藤容疑者らは9日の夜、大分市で開かれているラグビーワールドカップの競技場近くで、試合後ズボンを下ろしているところを警戒中の警察官に現行犯逮捕されました。調べに対し佐藤容疑者は容疑を否認しています。佐藤容疑者は非常勤職員として県の出雲児童相談所に勤務していて、島根県は、「事実関係を確認した上で対処する」としています。
鳥取県議会閉会 産廃最終処分場に付帯意見
2019年10月 9日
鳥取県の9月定例県議会は、26億円あまりの補正予算案など24議案を可決して9日閉会しました。補正予算案には米子市淀江町に計画される産業廃棄物最終処分場について、事業主体の環境管理事業センターが調査の補助などとして9600万円を計上していることからこの議会の焦点となり、「許可を判断する県としても丁寧に調査を行い、説明責任を果たすこと」とする付帯意見が付けられました。平井知事は、「県独自の第三者的な調査を行うことの可否をしっかり考えてみたいと思います。」としています。
小学校にジーロケッツがやって来た
2019年10月 8日
鳥取市の世紀小学校で8日、新体操などの元アスリートたちを先生に、体操教室が開かれました。指導にあたったのは、日本初の女性アスリートによる〝アクロバットダンス〟チーム「ジーロケッツ」。学校が、子どもたちに優れた芸術やパフォーマンスに触れる機会を提供しようと招きました。児童らを前にバランスボールを使った華麗な技を披露したメンバー。子どもたちにバランスボールの手ほどきをしました。また、児童たちは大きなあやとりにも挑戦するなど、ジーロケッツとともに楽しく体を動かしていました。
八重垣神社でお水取り
2019年10月 8日
松江市の八重垣神社で8日、鏡の池の水を隣接する結婚式場の池に分ける「お水取りの儀」が行なわれました。この神事は、グランラセーレ八重垣が出雲地方でいう神在月の10月に毎年、開いています。「鏡の池」には、八重垣神社に祀られている稲田姫命の霊力がこもっているとされ、良縁和合などのご利益があるとされています。この日は式場関係者や挙式予定の4組のカップルなど約30人が参列し、奥の院御神殿と呼ばれる社の下に鏡の池の水を注いで結ばれる恋人たちの幸せを祈りました。
松江にアイルランド人が大勢 なぜ?
2019年10月 7日
松江市が、小泉八雲の縁で交流を続けているアイルランドからいま、大勢の観光客が松江市を訪れています。じつは彼らは、ラグビーワールドカップの開催に合わせて、日本各地で行われるアイルランド戦をおよそ1か月かけて見て回り、合間に日本観光を楽しむツアーの参加者なんです。松江にはおよそ160人がやってきました。堀川遊覧船では、アイルランドカラーのグリーンに特別に彩られた遊覧船で松江城へ向かい、歓迎セレモニーの行われる松江城の馬溜で一行を出迎えたのは、松江の秋の風物詩・鼕。太鼓のリズムは万国共通なのか保存会のメンバーに誘われて叩き出すと皆、笑顔になりました。さらに、小泉八雲のひ孫・小泉凡さんらの挨拶に答えて沸き起こったのは、アイルランドの国民的応援歌の合唱でした。そして、フリータイムの6日は、小泉八雲記念館などをゆっくりと見て回りました。一行は8日まで松江に滞在し、この3日間、市は、松江城天守閣をグリーンにライトアップしてアイルランドからの客を歓迎します。
画期的!鳥大病院開発の患者呼び出しアプリ
2019年10月 7日
米子市にある鳥取大学医学部附属病院が、外来患者の待ち時間のイライラを解消しようと画期的なアプリを開発。この日お披露目されました。お披露目されたのは、患者呼び出しアプリ「とりりんりん」です。1日におよそ1400人の外来患者が訪れる鳥取大学医学部附属病院。平均67分の待ち時間は、患者のストレスにもつながっていました。そこで、鳥大病院が去年8月からおよそ2000万円をかけてアプリを独自に開発。9月25日からすべての診療科で運用がスタートしています。使い方は、スマートフォンに「とりりんりん」をダウンロードし、診察券を使って登録します。診察当日は、病院から半径500メートル以内であれば受付可能で、診察が近づくと事前に知らせてくれます。無料で利用することができる「とりりんりん」の登録者数はすでに、およそ1500人。患者のストレス軽減につながると期待されます。
「中海の歌」 米子城跡でPV撮影
2019年10月 6日
中海のすばらしさを伝え圏域の人たちにもっと親しんでもらおうと作られた「中海の歌」のプロモーション動画の撮影が6日、米子城跡で行われました。プロモーション動画の撮影には、米子市管弦楽団や山陰少年少女合唱団、中海圏域に住む市民ら、約170人が参加しました。「中海の歌は」、圏域の人たちに中海への関心を高めてもらおうとおととし作られ、今年の春に、オーケストラ用に編曲されました。撮影は中海全体が見渡せる米子城跡の頂上にピアノなどの楽器を運びあげて行われました。プロモーション動画は年内にはYou Tubeなどインターネットで公開される予定です。
JR山陰線 踏切で男性列車にはねられ死亡
2019年10月 4日
4日午前8時ごろ、浜田市三隅町折居のJR山陰線今浦踏切で、近くにすむ60歳の男性が、普通列車にはねられ死亡しました。列車の乗客・乗員6人にけがはありませんでした。この事故で山陰線は現場付近で約2時間にわたり運転を見合わせ特急列車が遅れるなど約200人に影響が出ました。警察が、事故の原因などを調べています。
島根県知事公舎を貸し出しへ
2019年10月 4日
島根県の丸山知事が「住まない」と公言し、現在、空き家となっている知事公舎について、県は一般に貸し出すことを決め、5日に知事公舎を使った催しが初めて開かれます。知事公舎を使っての初のイベントを前に4日午後には関係者が公舎に入り、イベントの準備を行いました。島根県の知事公舎は1986年に1億5400万円をかけて建設され、これまで3人の知事が使用しました。敷地面積は2456平方メートル。建物には県内産のマツやスギのほか、屋根には石州瓦が使われています。丸山知事は5月の就任会見で、「知事公舎に住まない」と話し空き家となっていました。島根県は今月から知事公舎の貸し出しを開始。利用料金は1日1万5,020円です。県政史上初となる知事公舎の一般貸し出しは5日、6日。松江城周辺でおこなわれる「松江城大茶会」の会場のひとつとして 使用されます。
松平不昧公の像 制作へ
2019年10月 2日
松江に茶の湯文化を広め、大名茶人として親しまれている不昧公こと松平治郷の像を作り功績を伝えようと2日、松江市で制作委員会が発足しました。設立総会には松江市や商工会議所、茶道の各流派などの代表、約30人が出席しました。そして松江歴史館の藤岡大拙館長が、2018年の没後200年祭の中で不昧公の像を求める声が出たこと、不昧公は、名君として全国的に有名な山形・米沢藩の上杉鷹山に優るとも劣らないとして、像を作り永遠に顕彰したいとその意義を強調しました。像は晩年の座った姿を不昧公ゆかりの市内の楽山窯で作り台座と合わせて高さは175センチメートル、松江歴史館に展示する予定です。来年の不昧公の命日で松江市が茶の湯の日としている4月24日に除幕します。委員会は不昧公の全国的な評価につなげ松江の茶の湯文化の振興にも役立てたいとしています。