テレポート山陰

山陰放送のニュース

「免許をぞんざいに扱う人には許可できない」 島根県がJFしまねの「共同漁業権」取り消し検討
2022年04月06日 14時55分
サザエやアワビなどの密猟者に対し、共同漁業権を持つJFしまねが告訴しなかったため刑事責任を問えなくなったことを受け、島根県がJFしまねの共同漁業権の取り消しを検討していることが分かりました。

島根県は、JFしまねが2016年から5年間、沿岸のサザエやアワビなどの密漁を告訴せず放置していたことについて、漁場を適切に管理できていなかったと問題視し、告訴しなかった判断理由や組織内での把握状況などを8日までに回答するよう求めています。

島根県 丸山達也知事
「免許受けた人がその受けた権利をぞんざいに扱っているようだと、普通許可できませんよね。」

島根県は、回答の内容によっては、JFしまねに与えられている共同漁業権の免許を取り消す考えです。

ただ漁業法では、取り消した後誰が漁場を管理するか規定がないため、新たな仕組みをつくるよう、丸山知事が7日に上京して、水産庁の神谷崇水産庁長官に要望することにしています。