テレポート山陰

山陰放送のニュース

濃厚接触者の待機期間短縮に…上定市長「並行して感染対策の徹底を」  島根県松江市
2022年01月14日 16時53分
政府が、オミクロン株の濃厚接触者の待機期間を短縮する方針を固めたことを受け、島根県松江市の上定昭仁市長は、14日の定例会見で、期間短縮については前向きな考えであるとしながらも、並行して感染対策の徹底が必要であると強調しました。

松江市 上定昭仁市長
「2週間というのが負担になっているという話はたしかに聞いているので、ある程度、柔軟な弾力的な運用が必要だと考えている。」

また、医療体制のひっ迫が懸念されるため、病床を融通し合うなど、行政組織の枠を超えて取り組んでいかねばならないとしました。

松江市 上定昭仁市長
「100人単位で、島根県で感染者が出るということになると、医療体制のひっ迫、当然、通常の医療の提供もあるわけですので、こういった課題については、行政組織の枠を越えて取り組んでいく必要があると思っています。」