テレポート山陰

山陰放送のニュース

【新型コロナ詳報】島根県 1日の過去最多101人の感染確認 クラスタ―も発生 島根スサノオマジックの選手も感染で試合中止に
2022年01月13日 20時09分
島根県で新型コロナの感染が急拡大です。

島根県は13日、新たに101人の感染が確認されたと発表しました。
1日の感染確認としては過去最多、累計はついに2000人を超えました。

また、県内31例目のクラスター(感染者集団)も発生です。

13日午前、島根県の対策本部会議で、県の担当者から耳を疑うような感染者数が発表されました。

島根県の担当者
「年末以降、感染者の確認が相次いでおりまして、きのうjは、101名の感染者が確認をされております。」

「101人」。
1日の感染者数としては過去最多の数字となります。

居住地別に、浜田市29人、益田市14人、出雲市13人、江津市10人、松江市7人、邑南町23人、津和野町1人、県外4人となっています。

感染者の累計は2,099人、ついに2000人を超えました。

そして県は午後、12日に感染確認された16人を含む合計21人が、邑南町の児童福祉施設の利用者または職員であったとして、県内31例目のクラスターに認定したと発表。
接触者の把握ができていることから施設名は明らかにしていません。

また、バスケットボールB1・島根スサノオマジックは、選手1人が感染したと発表。
選手らの一部も濃厚接触者となり、1月26日までの試合の中止が決定しました。

このほか、出雲市の市立中学校3校で関係者の感染が確認され、13日から当面の間臨時休校となりました。

そして、浜田海上保安部の職員1人の感染も確認されています。

島根県の12月と1月13日までの感染者数の累計は367人にのぼります。
第6波に入った28日の感染発表から1桁確認が続きましたが、1月6日になると2桁に拡大。
その後も30人以上の日が続いています。

木曜日の発表分だけをみても、13日は、1週間前の約5倍、2週間前の約17倍と急拡大していることが分かります。

島根県 丸山達也知事
「やはり年末年始、3連休、成人式といった、広島に限らない県外との往来が多かった時期、それにともなう飲食といったことの感染リスクが顕在化しているという状況。」

丸山知事は要因について、年末年始や3連休での県外との往来や、飲食リスクが顕在化したものと認識を示しました。