テレポート山陰

山陰放送のニュース

【新型コロナ】第6波に備え保健師を増やせ!鳥取県で研修会
2021年10月14日 20時50分
新型コロナウイルスの第6波に備えた準備です。

協力できる保健師を増やそうと、鳥取県国民健康保険団体連合会が14日、倉吉市で研修会を開きました。

会場やオンラインで参加したのは、現役を退いた保健師や地域で活動している保健師ら約60人で、鳥取大学医学部の景山誠二教授が、感染のメカニズムや接触を避けることなどの感染対策について説明しました。

保健師は、感染者から状況の聞き取りをしたり、相談を受け付けたりする業務に当たっていて、感染者が急増した第5波の時は、保健所の保健師だけでは多忙を極めた場面もありました。

鳥取県国民健康保険団体連合会 古井孝幸事業推進課長
「そういった専門の方々が常にサポートして頂けるというのは、皆さんの安全につながると考えています。」

連合会では、こうした研修会を続けて、第6波の際は、保健所業務などに協力できる保健師の枠を広げていくことにしています。