テレポート山陰

山陰放送のニュース

島根県丸山知事「東京五輪の赤字補てんは東京都が負担すべき」
2021年07月27日 20時28分
島根県の丸山達也知事は27日の定例記者会見で、東京都の新型コロナ対応を強く批判し、オリンピックの赤字補てんについても「東京都が負担すべき」と主張しました。

島根県の丸山知事は、夏休みの帰省などの自粛を県民に求めたことについて、東京都の保健態勢がひっ迫していて、接触者を追跡し切れていないことが一因だと述べました。

その例として、都内で陽性と分かった人が仕事で島根県に来ていたのに、県内での行動歴や接触者について都の保健所から連絡がなく、県が直接この患者に連絡して聞き取りせざるを得なかったといった事案が、この4連休中に2件あったとしました。

丸山知事は、都が積極的疫学調査をできていないため、広範に帰省自粛をお願いせざるを得なかったと説明しました。

さらに開催中のオリンピックが無観客になった原因も、「日本一の感染地域のまま大会を迎えた東京都にある」と強く批判。チケット代金についても、「オリンピックの赤字補てんは東京都が負担すべき」と主張しました。

島根県 丸山達也 知事
「政府が負担すると、島根県民も負担するということだ。全国で負担するということは、そんなことは認められるわけがない」