テレポート山陰

山陰放送のニュース

ワクチン接種後に鳥取県で高齢者5人が死亡 因果関係は不明
2021年06月28日 20時03分
新型コロナウイルスのワクチン接種後に、鳥取県内でこれまでに5人が死亡していたことが分かりました。

5人全員が70代以上の高齢者で、ワクチン接種と死亡との因果関係は不明だということです。

鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部によりますと、新型コロナワクチン接種後に死亡が確認されたのは、70代女性、80代女性、80代男性が1人ずつ、それに90代の女性2人のあわせて5人です。

新型コロナワクチン接種後の副反応については、鳥取県内では6月13日の時点で20件確認され、このうち2人が死亡したことが分かっていましたが、その後、8件増え、これまでに28件確認、死亡例は3人増えて5人となりました。

死亡例を除く副反応疑い23件については、その多くが発熱などの軽い症状だということですが、アナフィラキシーショックが7件確認されています。