テレポート山陰

山陰放送のニュース

【新型コロナ】今年1月にクラスターが発生した接待を伴う飲食店 また複数の感染者を確認 鳥取県米子市
2021年04月30日 18時16分
同じ店でまたも複数の感染確認です。鳥取県は、今年1月に感染者集団・クラスターが発生した鳥取県米子市の接待を伴う飲食店で、4月以降に新たに5人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと30日発表しました。

鳥取県 平井伸治知事
「1月にクラスター認定をした施設において、クラスターに相当する規模で感染例が見つかっている」

鳥取県によりますと、県内でこれまでに感染が確認された人の中に、米子市角盤町のこの飲食店を今月2日以降利用した客4人と、従業員1人の合わせて5人がいたということです。また変異株も確認されているということです。

この店は今年1月、クラスターが発生し、県がクラスター対策条例に基づいて店の名前を公表していました。

鳥取県 平井伸治 知事
「今、新型コロナの第4波の怒涛の中にいると考えなければならない」

県の調べによりますと、店は3月以降に営業を再開していて、およそ20人いる従業員に対してPCR検査を受けるよう要請していますが、半分以下しか協力を得られていないということです。

県はクラスター対策条例に基づいて店に対し休業を含めた対応を要請していますが、30日現在、受け入れられていないということです。

また県は、今月2日以降、この店を利用した人に対してPCR検査を受けるよう呼びかけていて、西部地区接触者等相談センターへ連絡して欲しいとしています。