テレポート山陰

山陰放送のニュース

鳥取市でワクチン集団接種のシミュレーション
2021年04月07日 19時13分
7日、鳥取県鳥取市佐治町のプラザ佐治で、ワクチン集団接種のシミュレーションが行われました。

7日は、入場から受付、予診、接種への人の流れや、運営スタッフの対応を確認しました。
このうち接種は、1つのブースにそれぞれ2人分のスペースを設け、医師による予診と看護師による接種を入れ代わりながら同時に進めることでスピードアップを図り、予診から接種終了までを3分と想定しています。
県内で最も人口が多い鳥取県鳥取市は、高齢者優先接種の対象が5万7000人あまり、一般の人まで入れると対象は18万人あまりとなります。
最初に届くワクチンの接種を、高齢化率が高い鳥取県鳥取市佐治町でスタートすることで、効率的な集団接種のモデルにしようと考えています。

参加者
「誘導してくれるので、比較的早くできたし、良かったなと思います。」
「ちょっとわかりにくい、ごちゃごちゃしてわかりにくいというか。」

接種を受けた後は、接種済証のシールを貼ってもらい、2回目の接種の予約をしますが、7日のシミュレーションでは、ここで多くの人が並び、流れが悪くなっていました。

鳥取市保健所 橋本渉参事
「接種後に2回目の予約をとってもらったりという時間があるんですけど、そこで人がたまったということがあるので、そこはもう少し工夫して、本番までに改善していこうと思っています。」

鳥取県鳥取市佐治町でのワクチン接種は、対象となる高齢者が500人あまり、4月19日から診療所での個別接種、25日から集団接種がはじまります。

鳥取市保健所 橋本渉参事
「確実に、安全に打てるように準備していきたいと思います。」

佐治町以外の鳥取県鳥取市のワクチン接種は、5月中旬以降に始まる見込みです。