山陰放送のニュース

税を考える週間イベント~作品展示始まる~
2019年11月17日
「税を考える週間」にあわせ、米子市のショッピングセンターで地元の中高生による「税」を表現した習字や作文の展示が始まり17日、オープニングイベントがありました。毎年11月11日から17日は国税庁が税に対する知識と理解を深めてもらおうと広報を行う、「税を考える週間」です。17日は中高生による習字や作文などの作品展示のオープンを記念して米子税務署がイベントを開き、米子東高校の生徒が書道パフォーマンスや吹奏楽の演奏を披露しました。生徒たちは音楽に合わせて力強く筆を走らせ、税の大切さを"絆"という字で表現し、圧巻のパフォーマンスを見せました。中高生によるおよそ70点の作品はイオン駅前店で11月30日まで展示されます。
米子-上海便 来年1月11日就航決定
2019年11月16日
米子鬼太郎空港と中国上海を結ぶ新たな国際定期便が来年1月11日に就航することが、このほど運航会社の上海吉祥航空から正式に発表されました。米子上海便の1月11日就航は、14日、鳥取県の平井知事が上海吉祥航空本社に、趙宏亮総裁を訪ね、共同記者会見の場で発表されました。158人乗りのA320型機を使い、毎週火曜と土曜の週2往復、いずれも現地時間で、午前8時20分に上海浦東国際空港を離陸して11時35分に米子着、折り返し午後0時35分に米子を離陸し、1時50分に上海に到着するダイヤを予定しています。
毒キノコをシチューにして食中毒
2019年11月15日
毒キノコをシチューにして食べてしまいました。 鳥取県によりますと、県東部の山林で採った毒キノコ・ツキヨタケを食べた米子市の家族3人がおう吐し、このうち1人が病院で食中毒と診断されました。 現在は全員が回復しているということです。 ツキヨタケはシイタケやヒラタケなどによく似ているということで、米子保健所は 食用と判断できないキノコは、「採らない、食べない、人にあげない」を徹底してほしいと呼びかけています。
大山で初冠雪
2019年11月15日
15日の山陰地方は今シーズン一番の寒さとなり 大山では初冠雪が確認されました。 15日午前、大山町役場の職員が、頂上から6合目あたりまで雪に覆われていることを確認し「初冠雪」を発表しました。 平年と同じだった去年に比べ14日遅い初冠雪です。 紅葉と雪とのコントラストが広がり 観光客は感激しながら写真におさめていました。 強い寒気の影響で、山陰地方はほとんどの観測点で、今シーズン一番の冷え込みとなり山間部では氷点下を記録しました。
島根県政史上初!知事がキャラクターに
2019年11月14日
島根県政史上初めて「知事のキャラクター」が登場です。14日お披露目されたのは、その名も「まるやまくん」。モチーフとなったのはもちろん丸山達也知事です。デザインを手がけたのは「しまねの吉田くん」の生みの親・CGクリエーターの FROGMANさん。知事が県の広告塔であることを印象付けたいという県の依頼を受け、無償で制作しました。丸山知事は、「丸山だなという感じにはなったかなと。もうちょっとカワイイやつもありましたけど、現物と違うと言われそうだったのでこちらにしました。」と話しました。県では今後、服装やポーズなどを変えた数種類の「まるやまくん」を制作する予定で、県が発行する広報誌などに使われるということです。
もっと見る