山陰放送のニュース

乗用車が正面衝突 高齢夫婦死亡
2019年11月18日
17日午後、鳥取県北栄町の国道9号で乗用車同士が正面衝突しました。この事故で、鳥取方面へ向かう乗用車の後部座席に乗っていた岡山県鏡野町の佐久間正明さん(94)と妻の佐久間一二三さん(87)が病院に運ばれましたが、2人とも約1時間後に死亡が確認されました。また、双方の運転手と同乗の女性も軽いけがをしました。現場は見通しの良い直線道路で、警察は鳥取方面に向かう乗用車がセンターラインをはみ出し、正面衝突したとみて詳しい原因を調べています。
鳥取市新庁舎を松江市長が視察
2019年11月18日
松江市役所建て替えの参考にしようと18日、松江市の松浦市長がオープンしたばかりの鳥取市役所を視察しました。松江市は2026年度の完成を目指して市役所建て替えの計画を進めています。計画の参考にしようと松江市の松浦市長が鳥取市役所を訪れ、今月5日に全面開庁したばかりの庁舎を視察しました。新しい鳥取市役所は7階建てで、延床面積は2万2000平方メートル余り。住民票などの窓口に加え福祉、税金などの市民サービスが一本化されています。また防災の拠点として地図やライブ映像、避難情報などがマルチ画面で情報集約できる災害対策本部が設置されています。新しい松江市役所は来年度中に一期工事を始めるということです
税を考える週間イベント~作品展示始まる~
2019年11月17日
「税を考える週間」にあわせ、米子市のショッピングセンターで地元の中高生による「税」を表現した習字や作文の展示が始まり17日、オープニングイベントがありました。毎年11月11日から17日は国税庁が税に対する知識と理解を深めてもらおうと広報を行う、「税を考える週間」です。17日は中高生による習字や作文などの作品展示のオープンを記念して米子税務署がイベントを開き、米子東高校の生徒が書道パフォーマンスや吹奏楽の演奏を披露しました。生徒たちは音楽に合わせて力強く筆を走らせ、税の大切さを"絆"という字で表現し、圧巻のパフォーマンスを見せました。中高生によるおよそ70点の作品はイオン駅前店で11月30日まで展示されます。
米子-上海便 来年1月11日就航決定
2019年11月16日
米子鬼太郎空港と中国上海を結ぶ新たな国際定期便が来年1月11日に就航することが、このほど運航会社の上海吉祥航空から正式に発表されました。米子上海便の1月11日就航は、14日、鳥取県の平井知事が上海吉祥航空本社に、趙宏亮総裁を訪ね、共同記者会見の場で発表されました。158人乗りのA320型機を使い、毎週火曜と土曜の週2往復、いずれも現地時間で、午前8時20分に上海浦東国際空港を離陸して11時35分に米子着、折り返し午後0時35分に米子を離陸し、1時50分に上海に到着するダイヤを予定しています。
毒キノコをシチューにして食中毒
2019年11月15日
毒キノコをシチューにして食べてしまいました。 鳥取県によりますと、県東部の山林で採った毒キノコ・ツキヨタケを食べた米子市の家族3人がおう吐し、このうち1人が病院で食中毒と診断されました。 現在は全員が回復しているということです。 ツキヨタケはシイタケやヒラタケなどによく似ているということで、米子保健所は 食用と判断できないキノコは、「採らない、食べない、人にあげない」を徹底してほしいと呼びかけています。
もっと見る