山陰放送のニュース

食べられないけど・・・美しいラッキョウ
2019年11月13日
鳥取市の林業試験場でラッキョウの花が咲きました。ラッキョウと言っても食べられないラッキョウです。鳥取市河原町にある鳥取県林業試験場の玄関前の鉢植えに咲いた赤紫色の可憐な花、「プリティルビー」という品種で花を楽しむ観賞用のラッキョウです。プリティルビーは県の園芸試験場がラッキョウの新品種を開発する過程で、偶然花がきれいな系統がみつかり観賞用として登録されました。砂丘近くのラッキョウ畑では台風による塩害で花が枯れたということですが園芸試験場から譲り受けて増やしたプリティルビーは細い茎の上に花が開きました。この品種は2011年に来県された上皇・上皇后両陛下が興味を持たれ、献上した球根が皇居内にも植えられたということです。
園児が防火パレード
2019年11月13日
全国火災予防運動期間中の13日、出雲市の保育園で火災を想定した避難訓練に200人を超える園児が参加しました。火災の避難訓練があったのは、出雲市大津町のたちばな保育園で、園児209人と職員42人が火災の発見から7分ほどで、全員建物の外に避難しました。この保育園では災害の種類を変えながら、毎月避難訓練をしていて、中にはハンカチなどを口に当てて避難する子どももいました。また訓練の後、園児らは避難する際の約束事「押さない、走らない、しゃべらない、戻らない」の頭文字、「お・は・し・も」を確認していました。また、4歳児と5歳児クラスの約70人が消防車の先導で近所をパレードし、「マッチ1本、火事のもと。サンマ焼いても家焼くな!」と保育園で考えた標語で火の用心を呼びかけました。
95歳運転の軽トラックにはねられ女性死亡
2019年11月12日
12日午前、鳥取県倉吉市の県道で横断していた80代の女性が、95歳の男性が運転する軽トラックにはねられ死亡しました。12日午前11時すぎ、倉吉市上井町の県道で、道路を横断していた市内上井の無職山根勝枝さん(88)が右折してきた軽トラックにはねられました。山根さんは病院に運ばれましたが、6時間後に死亡しました。現場は片側一車線の見通しのいい直線で、近くに横断歩道はありますが、信号はありませんでした。警察は軽トラックを運転していた95歳の男性から話を聴くなどして、詳しい事故の原因を調べています。
日韓関係悪化でDBSクルーズ運休
2019年11月12日
日韓関係の悪化がまた国際航路に影響です。境港と、韓国・ロシアを結ぶDBSクルーズフェリーが11月28日から運休することがわかりました。韓国のDBSクルーズフェリー社から12日、鳥取県に入った連絡によりますと28日から来年2月29日までの冬季スケジュールの間、境港と韓国の東海(トンヘ)港、ロシアのウラジオストク港を結んでいるDBSクルーズフェリーを臨時運休にするとしています。運休の理由は日韓関係の悪化による経営上の困難としています。DBSクルーズフェリーは国際定期貨客船として2009年に就航し、航空便の米子ソウル便と共に鳥取県と韓国を直接結ぶ路線として重要な役割を果たしてきました。9月末で運航休止した米子ソウル便に続いての運休となりこれで、直接韓国と結ぶ路線は当面なくなることになります。鳥取県の平井知事は「大変残念だ。今後運航再開を働きかけ、地域としても運航に向けた環境を整えていきたい」とコメントを発表しました。
DeNA田部選手誕生!球団と仮契約
2019年11月11日
先月のプロ野球ドラフト会議でDeNAから指名を受けた開星高校の田部隼人選手。11日、松江市内で仮契約を行いプロへの第一歩を踏み出しました。この日午後5時から松江市内のホテルで球団との仮契約に臨んだ田部隼人選手。契約交渉を終え取材に応じ田部選手は「今後プロに入っていくなかで実力をつけて早く1軍で活躍できるよう頑張りたいと思うようになった。ショートでセ・リーグでベストナインを取れるよう頑張りたい」と話しました。共に推定で、契約金3,000万円、年俸500万円で仮契約した田部選手。表情を引き締めプロ野球選手としてのスタートを切りました。田部選手は11月22日に横浜市内で入団発表を行い、来年1月の新人合同自主トレに臨みます。
もっと見る