桑本 みつよし
くわもと みつよし
写真
プロフィール

What' New

アーカイブ

検索

桂宮治独演会

2022年08月16日

8月11日木曜日、「山の日」。
オープンしたばかりの
境港市民交流センター「みなとテラス」に行ってきました。
図書館も併設されていて、
市民ホールでの催しがなくても、
人が集まる、人の行き来があるというのはいいかなと。

で。

桂宮治独演会。
「みなとテラス」の開館記念の1つです。

鬼太郎の緞帳(どんちょう)が上がると、
まず私服で登場した宮治師匠。
会場の雰囲気を盛り上げて、思わず笑顔に。
「笑点」のブラックな裏話も(苦笑

前座は、三遊亭美よしさん。
彼女の「狸鯉」は、
生き生きと、若さあふれて、好印象。

そして、宮治師匠。
「たらちね」「手水廻し」と、
会場を一気に彼の世界へ。

中入り後は「子別れ」。

実は、東京の鈴本演芸場にて、
林家たい平師匠がとりの時に同じ演目でした。
「笑点」でしか知らなかったので、
すっきりと、すんなり入ってくる、
なんと立派な落語を、と、失礼!

で、宮治さん。
5人抜きで真打昇進をしたりといった
勢いをそのままに、
その熱さや思いをたっぷり乗せて
迫ってくるものでした。

たい平さんの方が、
「芸」としてはより完成したものだと、
個人的には思います。

でも。
宮治さんは宮治さんで、
それはそれは大笑いし、涙もし。

最後は、会場が一体となっての三本締め。
あっという間の2時間あまりでした。
今後のますますのご活躍が楽しみです。

  • チェック