ラッテちゃん
BSS 山陰放送

岡本おさみ プロフィール

米子市出身。1942年生まれ。
放送作家から作詞家に転身し68年にデビュー。
作曲家としての吉田拓郎とのコンビでも知られ「旅の宿」(72年)「落陽」(73年)などを発表。
森進一に提供した「襟裳岬」は74年に第16回日本レコード大賞を受賞。
南こうせつの「満天の星」(82年)、ネーネーズの「黄金の花」(93年)など、多くのヒット曲を出した。
作家として著書「旅に唄あり」などを上梓し、その後、作詞家から芝居へと活動の領域を広げ、PARCOと作った「ザ・ロッキー・ホラー・ショー」や蜷川幸雄と組んで「三文オペラ」の制作に携わる。晩年にはミュージカル「泣きたくなったら笑うんだ」などの舞台演出家として活躍。
舞台の世界に創作の場を移し、各地の地域創生活動を続ける。
長男邦彦氏のメッセージ「岡本おさみの執筆活動は終わりましたが、作品は永遠に生き続けます。引き続き作品と触れ合っていただければ幸いです」



戻る