ラッテちゃん
BSS 山陰放送


Q.BSS松江FM局の概要は?
A. 送信所の場所 : 島根県松江市枕木町 枕木山
送信周波数   : 87.1MHz(メガヘルツ)
送信出力    : 500W(ワット)
放送開始    : 2018年10月1日
放送エリア   : 島根県東部・鳥取県西部の沿岸部(約20万世帯をカバー)




Q.AMで放送しているエリアに、どうしてFM局が必要なのですか?
A. AM米子ラジオの災害対策が目的です。外国波混信などの難聴も解消します。
AM放送の米子ラジオは、震災による液状化の危険地区の米子市彦名町に立地しています。
2000年に発生した「鳥取県西部地震」では、揺れと液状化により、送信所の局舎の一部損壊と、アンテナを支えている支線の錨塊が移動したことにより、アンテナが傾き、放送中断寸前の被害を被りました。
震災に脆弱なAM米子ラジオを、送信所が山の上に立地し、震災の影響を受けにくいFMラジオ放送で補完する災害対策が、開局の目的です。
また、BSS松江FMの開局に伴い、電気製品などから発生する電気的雑音による難聴と、夜間に発生している外国からのAM放送の電波による混信も、解消できることとなりました。
このたび開局したBSS松江FMと、既に開局しているBSS鳥取FMとにより、鳥取県の鳥取市から島根県の出雲市までの沿岸部を、FMラジオ放送でカバーできるようになりました。
AMラジオ放送とFMラジオ放送により、平常時はもとより、災害発生時にも、避難情報といった生活に必要不可欠な情報を、聴取者の皆様に確実にお伝えしてまいります。

Q.BSS松江FMでは何を放送するのでしょうか?
A. BSSラジオの番組を、AM放送とFM放送とで同じ内容を放送します。
AM放送はモノラル放送ですが、FM放送では一部を除いて、クリアな音質のステレオで放送します。

Q.BSS松江FMは、今持っているラジオで聴くことができますか?
A. BSS松江FMは、87.1MHz(メガヘルツ)で放送しますので、今までのFMラジオでもワイドFM対応ラジオでも聴くことができます。






Q.BSS鳥取FMは、ワイドFM対応ラジオでお聴きください。
A. BSS鳥取FMは、92.2MHzで放送していますので、90MHz以上の周波数が受信できるワイドFM対応の、ラジオやチューナーが必要となります。








戻る