ラッテちゃん
BSS 山陰放送

※一部、写真とメンバーが異なります。

ウィーンの旧市街地を取り巻く環状道路"リング"にちなんで命名され、ウィーンの音楽を演奏するために結成されたアンサンブル。ウィーンの名手9人がシュトラウス・ファミリーのワルツやポルカなど本場ウィーンの響きと香り、そして極上のアンサンブルを日本、さらには米子にも届けてくれます。
新年の幕開けに相応しい心躍るコンサートをご家族そろってお出かけください。


2019年1月6日(木) 開場13:15 開演14:00
米子市公会堂 大ホール

出演
ウィーン・リング・アンサンブル
【メンバー】
ライナー・キュッヒル (ヴァイオリン)
ダニエル・フロシャウアー (ヴァイオリン)
ハインリヒ・コル (ヴィオラ)
ロベルト・ナジ (チェロ)
ミヒャエル・ブラデラー (コントラバス)
カール=ハインツ・シュッツ (フルート)
ダニエル・オッテンザマー (クラリネット)*
ヨハン・ヒントラー (クラリネット)
ロナルド・ヤネシッツ (ホルン)*
*ペーター・シュミードル(クラリネット)、ヴォルフガング・トムベック(ホルン)の勇退に伴い、2019年より新メンバーとして、現ウィーン・フィル首席奏者のダニエル・オッテンザマー(クラリネット)とロナルド・ヤネシッツ(ホルン)が加入します。
演奏プログラム
スッペ:オペレッタ「詩人と農夫」序曲
J.シュトラウスⅡ:ワルツ「芸術家の人生」
           :オペレッタ「こうもり」メドレー
J.シュトラウスⅠ:リストの主題による狂乱のギャロップ
J.シュトラウスⅡ:ワルツ「シトロンの花咲くところ」
           :常動曲(音楽の冗談)
メンデルスゾーン・メドレー(生誕210年記念)
ヨーゼフ・シュトラウス:天体の音楽
              :ポルカ・マズルカ「とんぼ」
              :ポルカ・シュネル「大急ぎで」
A.ランナー:ワルツ「最初の願い」
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル「ごちゃまぜ料理」
※曲目は変更になる場合がございます。
チケット(全席指定・税込)
全席指定(税込)S席:7,500円/A席:6,000円
高校生・大学生:2,000円(全席共通)/小学生・中学生:1,000円(全席共通)
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。(無料託児サービスあり)
※車いす席はS席価格となります。
※学生チケットで入場の際は、学生証等の提示が必要な場合があります。
一般販売
9月8日(土)10:00~
プレイガイド
アルテプラザ、米子市公会堂、米子市文化ホール、倉吉未来中心、とりぎん文化会館、島根県民会館、鳥取県文化振興財団インターネット・チケットサービス
ローソンチケット[Lコード:62589]※座席指定不可
主催
(公財)鳥取県文化振興財団 (一財)米子市文化財団
特別後援
BSS山陰放送
お問い合わせ
アルテプラザ(鳥取県文化振興財団西部事務所/米子天満屋4階)
TEL:0859-38-5127(第1・3・5火曜を除く10:00~19:30)



戻る