テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
山陰放送 倫理規範
山陰放送 企業理念
「山陰放送は、コミュニケーションの創造を目指し、地域とともに発展します。」
山陰放送 行動指針
「私たちは、お互いの心を大切にし、豊かな感性と逞しいエネルギーで未来に挑戦します。」
山陰放送 倫理規範基本憲章
私たちは、放送事業の公共的使命と社会的責任を深く自覚し、高い倫理観を持って行動するため、自ら順守すべき基本的なルールとして、ここに山陰放送倫理規範基本憲章を定めます。
山陰放送で働く全ての者が、この山陰放送倫理規範基本憲章を順守することを誓うとともに、自らの役割として、山陰放送倫理規範基本憲章を社内や関係先に周知徹底し、企業倫理を高めていくことを約束します。

1.公共の福祉、文化の向上、産業と経済の繁栄に役立ち、平和な社会の実現に寄与します。
2.法令や社会的規範、職場の規律を順守し、健全な企業活動を展開します。
3.表現の自由を担い、市民の知る権利に応える放送事業者として、正確で迅速な報道と健全な番組作りを推進します。
4.良き企業市民として、放送や事業を通して、視聴者・聴取者や地域社会に貢献します。
5.ステークホルダー(利害関係者)や政治・行政との健全で良好な関係を維持します。
6.公正で自由な競争に基づく広告放送を通し、社会・経済の発展に貢献します。
7.基本的人権と個性を尊重し、安全で働きやすい職場を構築します。
8.地球環境の保全に積極的に取り組み、住みやすい社会の実現に貢献します。
→ 山陰放送 倫理規範行動憲章
ページトップへ