テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
ニュース
山陰地方のニュース
島大生が地域見守る「ヤングボランティア」
松江市の島根大学で20日、 学生有志が地域の防犯活動などを行う「ヤングボランティア」の委嘱式がおこなわれました。 20日の委嘱式には、今年度の「ヤングボランティア」に名乗りを上げた 島根大学の学生246人のうち約50人が出席しました。 松江警察署の村上署長から委嘱状を受け取ったあと、 学生たちはさっそく、構内の駐輪場で鍵かけの啓発活動に取り組みました。 島根大学がある松江市西川津町周辺では先月、児童への声掛け事案や 女子大生を狙った犯罪が相次いでいることから、 ボランティアに登録する学生も増えているということです。
【2018年06月20日】
関西の地震受け鳥取県が2回目の連絡会議
18日に起きた大阪北部の地震を受けて、鳥取県はけさ2回目の連絡会議を開き、女子児童の死亡につながったブロック塀や通学路の点検を進めることを確認しました。被災地支援のため、鳥取県からは情報収集に当たる先遣隊が現地に入り、要請があれば建物の応急危険度判定や保健・医療のチームを派遣する準備を整えています。一方、経済的結びつきが強い関西圏で工場の停止などの影響が出ていることから、緊急の融資枠を設けました。
【2018年06月19日】
水草刈り取り試験
宍道湖で大量発生し、問題となっている水草を効果的に刈り取る方法を探る取り組みが19日、行われました。国土交通省が宍道湖で行ったのは水草の刈取り試験で、効果的な刈り取り方法を確かめようと去年に引き続き実施されました。スケルトンバケットと呼ばれる格子状の器具を重機の先に取付け、水草を根こそぎ刈り取ります。近年、宍道湖では水草が大量に繁殖。悪臭を放ったり漁船のスクリューに絡みついたりする被害が報告されていているほか水質悪化で魚介類の成長にも悪影響を及ぼしているといいます。去年の試験では約540トンが刈り取られ、処分するのに610万円かかったということです。水草繁殖のピークは毎年8月頃、早急な対策が望まれます。
【2018年06月19日】
韓国の竹島防御訓練に溝口知事「遺憾」
韓国軍が18日から島根県・竹島とその周辺海域で防御訓練を実施すると発表したことに対し、日本政府は17日に韓国政府に抗議しました。これを受け、島根県の溝口知事は、日本が国際法に基づく平和的解決を求めている中で、韓国のこうした動きを「誠に遺憾」としたうえで、日本政府に対し、引き続き毅然とした姿勢で韓国の動きに対応するようコメントしました。
【2018年06月18日】
松江イングリッシュガーデン売却へ
松江市が運営するイギリス式の観光庭園「松江イングリッシュガーデン」について、市が民間への売却を検討していることが18日、分かりました。年間9000万円余りにもおよぶ管理料の負担などが売却理由とみられています。松江市西浜佐陀町にある松江イングリッシュガーデンは、宍道湖北岸への誘客をねらい2001年、ルイス・C・ティファニー庭園美術館とともにオープンしました。しかし美術館が2007年に撤退。市は入園料無料の観光庭園としてイングリッシュガーデンのみを運営してきました。売却方針は、年間9000万円余りにも及ぶ指定管理費の負担と公共施設を減らす適正化計画をにらんでの判断とみられています。BSSの取材に対し市は、「民間のノウハウを取り入れ、施設の有効活用を図るのが狙い」としています。市は、対象を市内の事業者に限定した公募型プロポーザル方式により最低10年間運営するなどの条件で買い手を募る方針だということです。
【2018年06月18日】
中川原子力防災担当大臣が島根原発視察
内閣府で原子力防災を担当する中川大臣が 17日、島根県を訪れ、島根原発3号機などを視察しました。 16日、鳥取県側の防災施設などを視察した 内閣府の中川雅治原子力防災担当大臣は、17日、島根原発を訪れました。 中川担当大臣は、万が一事故が起きた際に 対策本部が置かれる免震重要棟の設備などについて説明を受け、 3号機の安全対策などを視察しました。 また、午後からは、立地自治体の松江市で松浦市長と面談。 島根県庁では溝口知事とも面談し、住民の避難計画を整備するため、 国も協力するよう要望を受けました。 中川担当大臣は、「視察は以前から計画していて、原発の審査申請とは関係ない」と述べ、 「広域避難の計画をより充実すべき」としました。
【2018年06月17日】
終活フェアin松江
人生のよりよい終わり方について理解を深めてもらおうと松江市で16日、「終活(しゅうかつ)フェア」が開かれました。この催しは「終活」にかかわる市内の企業などが集まって開いたもので、今年で2回目です。会場では、墓に関することや遺品の整理など、専門家によるさまざま相談コーナーが設けられたほか、若返りメイクで、写真撮影できるコーナーが人気を集めていました。実行委員会では、日頃の業務でもそれぞれの専門家が横のつながりを生かして「終活」をサポートをしていきたいと話しています。
【2018年06月16日】
人気の「白バラTシャツ」に新デザイン
「白バラ牛乳」ブランドのパッケージ柄がそのままプリントされ、人気を博している「白バラTシャツ」に 16日、新デザイン「白バラフルーツ」柄が仲間入りしました。「白バラ牛乳」のパッケージがそのまま柄となったTシャツは、昨年7月の販売開始では人用200枚がわずか5分で売り切れるほどの人気ぶりでした。「白バラ牛乳」「白バラコーヒー」に続き3つめのデザインとして満を持して登場したのは「白バラフルーツ」柄です。明るい色合いで、大人用Tシャツ175枚が用意され、多くの白バラファンたちが買い求めました。Tシャツを含む、白バラブランドグッズは、大山まきばみるくの里ショッピングコーナーで引き続き販売しています。
【2018年06月16日】
年金支給日に特殊詐欺へ注意呼びかけ
偶数月の15日、6月15日は年金の支給日です。 お金の出し入れが多くなる日に合わせ、 鳥取市の郵便局で特殊詐欺の被害に遭わないよう広報活動が行われました。 鳥取中央郵便局には、職員のほか、鳥取県警のマスコット「ぱとろーくん」や警察官らが集まり、 来店客にパンフレットを配って特殊詐欺に遭わないよう呼び掛けました。 鳥取県内の今年の特殊詐欺被害は5月末までで18件、総額1045万円にのぼり、 家族のことを心配する高齢者が被害に遭うケースも後を絶ちません。 「慌てず誰かに相談を」、詐欺を防ぐ一番の方策です。
【2018年06月15日】
拉致被害者帰国に備え会議
12日の米朝会談で提起され、拉致問題解決への期待が高まる中、鳥取県は米子市の拉致被害者・松本京子さんの帰国が実現した場合に備え 県庁内の会議を開きました。帰国実現の際は地元の米子市と県、国が連携して支援本部を立ち上げて寄り添います。 経済的な援助に加え、被害者が子や孫など家族を連れて帰国することも想定して、住まいや健康、就職、教育など幅広い支援を計画しています。
【2018年06月13日】
2017-7-31 Nスタ
NEWS23
報道特集
BSS私のスクープ投稿(動画用)
ページトップへ