テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
ニュース
山陰地方のニュース
松江で強盗事件
26日午後11時50分頃、松江市学園2丁目のアパート2階の部屋で20代の女性が帰宅した直後に男が押し入り背後から「静かにしないと殺す」と脅しました。さらに男はひものようなもので女性の両手を縛り、財布から現金千数百円を奪って逃げました。女性に大きな怪我はありませんでした。男の年齢は20代くらい、身長は170センチくらいの細身で眼鏡をかけていたということです。また髪は短めで黒く紫色のパーカーと黒いズボン姿でサンダルを身に着けていました。事件の起こる直前、付近の防犯カメラに近くのスーパーから女性の後をつける男の姿が映っていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は現場付近の防犯カメラの映像を調べるなどして男の行方を追っています
【2019年06月27日】
山陰地方も梅雨入り
気象台は26日午前、中国地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。去年より21日、平年より19日遅い梅雨入りとなりました。気象台によりますと1951年の統計開始以来、これまでで最も遅かった中国地方の梅雨入りは1968年に記録した6月24日頃で、今回が最も遅い梅雨入りとなります。
【2019年06月26日】
「和田の桃」出荷始まる
みずみずしい夏の味覚、モモの出荷が26日、浜田市で始まりました。浜田市旭町和田地区では、現在11戸の生産者が山の斜面や空いた畑などで「白鳳」や「勘助」など10品種、約500本のモモの木を育てています。朝、収穫したモモは、生産者らの「桃和会」の選果場に集められ、大きさ別に仕分けされます。戦後、一旦途絶えた「和田の桃」、1986年にお年寄りの生きがいづくりにと復活しました。昔ながらのミツバチなどによる自然受粉で育てたモモは香りのいいのが特徴です。「桃和会」では地元を中心に盆までに4トンを出荷する予定です。
【2019年06月26日】
「外国人客を呼びこむ」モニターツアー
境港に寄港する大型クルーズ船の乗客を松江市内に呼び込もうと25日、あるモニターツアーが実施されました。毎月25日に松江市天神町で開催される「おかげ天神市」。歩行者天国を歩くのは、この日寄港した「ダイヤモンドプリンセス号」の乗客たちです。松江商工会議所が主催した「まちなか散策ツアー」で、この日は主に欧米の観光客25人が参加しました。ツアーは無料で、松江城を見学した後、白潟天満宮を参拝しました。そして、老舗茶店では「お茶」に興味深々。店員に尋ねたり商品を買い求めたりしていました。さらに老舗和菓子店では、茶室で和菓子と抹茶を味わい松江の文化を堪能しました。松江商工会議所は、このツアーを今年あと2回企画し、参加者のアンケート結果をもとに、インバウンド客受け入れの環境整備を進めたいとしています。
【2019年06月25日】
人気!米子城の御城印 早くも第2弾発売
今、全国的にブームとなっているのが、 御朱印のお城版ともいえる「御城印」。 こうしたなか「米子城」の御城印の第2弾が登場し、 24日から販売が始まりました。 新しいご城印は米子観光まちづくり公社オリジナルで、 歴代の米子城主 吉川氏、中村氏、加藤氏、池田氏、荒尾氏の家紋が記されています。 「米子城」の御城印第2弾は、 米子市の米子まちなか観光案内所で1枚300円で購入できます。
【2019年06月24日】
カラスが原因か 松江市役所などで停電
24日午後、 松江市役所など市の中心部で 停電が発生しました。 カラスが電柱に接触したのが 原因と見られています。 中国電力によりますと 24日午後1時40分ごろ 松江市役所の本庁舎や 周辺の住宅などおよそ190軒で、 停電が起きたということです。 中国電力が原因を調べたところ 市役所の南西側にある電柱の上で カラスが黒焦げになり 死んでいるのが見つかりました。 電線に止まったカラスが感電し 停電したとみられています。 その後 カラスを取り除くなど復旧作業を行い 45分後に停電は解消したと いうことです。 中国電力によりますと、 この停電による 事故などの報告はないということです。
【2019年06月24日】
子どもたちが創業プログラムにチャレンジ
商売や会社のしくみについて小学生が学び、創業体験をするイベントが22日、米子市でありました。米子商工会議所と米子商工会議所青年部が子どもたちに会社や商売のことを楽しみながら学んでもらおうと開いた「創業チャレンジプログラム」には、鳥取県西部の小学5、6年生あわせて36人が参加しました。児童たちは6人1組の班に分かれ、社長、販売マネージャー、宣伝マネージャーなどの役割を決めた後、「鳥取県らしいお土産」というテーマで自ら商品を考え、仕入れや商品の宣伝、販売などを体験しました。商工会議所と青年部はこのほかにも、子どもたちが企画した商品を、実際にイベント「米子ええもんマルシェ」で販売する体験プログラムも企画しているということです。
【2019年06月22日】
コナン列車新デザイン公開
人気漫画「名探偵コナン」のキャラクターを車体に描いた「コナン列車」のデザインが新しくなり21日。公開されました。7年前からJR山陰線を中心に走っているコナン列車。その一部車両がリニューアルされ、米子市で公開されました。赤い車両には幼なじみの「新一」と「蘭」が描かれ恋の行方を追うようなわくわく感あふれるデザインとなっています。そして青い車両には、主人公のコナンに加え人気キャラクター・怪盗キッドのイラストが描かれています。このほか、車内のトイレにもラッピングが施されています。新デザインのコナン列車は22日から運行を始め、鳥取-米子間を中心に走る予定です。
【2019年06月21日】
児童が土砂災害について学ぶ
本格的な雨のシーズンを前に20日、島根県美郷町の小学校で土砂災害に備えるための学習会がありました。「土砂災害防止学習会」は、島根県が出前授業として開いたもので、5年生の児童たちが県西部で起きた土砂災害の映像を見たり、模型を使って「地滑り」が起きるしくみや、砂防ダムが「土石流」などから災害を防いでくれることを学びました。また、大雨による土砂災害から命を守る上で大事なことは、いち早く避難すること、家族との連絡先などを日頃から確認しておくことだと学びました。県では要請があれば、今後も出前授業を開きたいとしています。
【2019年06月20日】
駐日ブルガリア大使が鳥取県を初訪問
駐日ブルガリア共和国大使のボリスラフ・コストフ氏が20日、米子市で鳥取県の平井知事と面談しました。日本とブルガリアとの国際交流開始110周年を記念してこの夏、ブルガリアで開かれる国際青少年音楽祭に、山陰少年少女合唱団リトルフェニックスが出場することから、大使が初めて鳥取県を訪れました。大使は前日に、市内で行われた合唱団の演奏会も鑑賞しました。
【2019年06月20日】
テレポート山陰(201904~)
2017-7-31 Nスタ
NEWS23
報道特集
BSS私のスクープ投稿(動画用)
ページトップへ