テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
ニュース
山陰地方のニュース
鳥取県「令和新時代プロジェクトチーム」始動
鳥取県の「令和新時代プロジェクトチーム」が編成され22日、初会合を開きました。平井知事が選挙で掲げた55の政策を速やかに実行に移すチームで、防災などの「安心」、子育てなどの「ひと」、農林水産業などの「しごと」といった5つのチームを設けます。女性や若手の視点を取り入れ、全国のモデルとなるような鳥取県づくりを進めることにしています。
【2019年04月22日】
出雲陸上 ケンブリッジ飛鳥選手も出場
日本を代表する陸上短距離選手で、オリンピックなどで活躍したケンブリッジ飛鳥選手が21日、出雲市で開かれた陸上競技大会に出場しました。県立浜山公園陸上競技場で開かれた第73回出雲陸上競技大会には、短距離陸上界を代表する選手の走りを見ようと大勢のスポーツファンが訪れました。ケンブリッジ飛鳥選手は国内100メートル男子2人目の9秒台の記録も期待される中、予選に臨みました。予選3組に6レーンで出場したケンブリッジ選手ですが、走りに精細なく10秒53で3位に沈み、決勝進出を逃しました。少し前から足の裏側に違和感を覚えていたというケンブリッジ選手は「残念。風の条件からタイムをねらえたんじゃないか。切り替えて頑張る。」と語り、次の舞台に再起を誓っていました。
【2019年04月21日】
鳥取西道路でウォークイベント
まもなく開通する自動車専用道路を歩く、「山陰道鳥取西道路ウォーク」が21日、鳥取市でありました。「山陰道鳥取西道路ウォークイン西いなば」には、県内のほか広島県や岡山県から最高86歳までの約500人が参加しました。コースは青谷インターチェンジから入り、浜村鹿野温泉インターチェンジまでの6キロコースと、瑞穂宝木インターチェンジを折り返す10キロコースの2つで、参加者たちはトンネルの入り口で記念撮影したり、周りの景色を眺めながらゴールを目指していました。鳥取西道路は5月12日に全線開通します。
【2019年04月21日】
湖遊館 今季のスケートリンク場の利用中止
天井からの落下物が見つかった湖遊館について、出雲市は、今シーズンのスケートリンク場の利用中止を発表しました。また、安全確認ができるまでは、夏場のアリーナ利用も見送るとしています。出雲市園町の「宍道湖公園 湖遊館」では、4月17日、スケートリンク場の天井に取り付けられていた長さ60センチ、重さ80グラムの鋼板製の化粧材が落下しているのが見つかりました。今シーズンのスケートリンク場の営業利用は5月6日までの予定でしたが、出雲市は安全点検に相当時間がかかるとして、今シーズンの利用中止を決めました。1992年にオープンした湖遊館のスケートリンク場は、長さが60メートル、幅が30メートルあり、夏場はアリーナとしても利用されています。しかし、安全確認が完了しなければ、6月以降予定してた夏場のアリーナ利用や来季のスケートリンク場利用についても中止するということです。
【2019年04月20日】
女性農業者が「軽トラマルシェ」開催
女性農業者が新鮮な農産品などを販売する「軽トラマルシェ」という市が、20日、鳥取県湯梨浜町で開かれました。「軽トラマルシェ」を開いたのは、県中部で農業を営む女性のグループ「鳥取農業女子A-Nyova(えーにょば)」です。会場となった湯梨浜町のパン店の駐車場には、新鮮な野菜や果物、加工品などおよそ30品が並びました。中には徳島産のレンコンや淡路島産のレタスなど珍しいものもあり、訪れた人たちは品物を手に取って話を聞きながら、気に入ったものを買い求めていました。「軽トラマルシェ」は月に1回開かれていて、次回は5月19日に開催される予定です。
【2019年04月20日】
松江市が障害者支援施設を業務停止処分
松江市は18日、障害者支援施設の経営者や従業員が施設に通う利用者2人に対したびたび虐待を行ったとして、この施設を来月1日から6か月間の業務停止処分としました。処分を受けたのは、松江市西津田の放課後等デイサービスこぱんで、経営者の男は今年2月、暴行の容疑で逮捕されその後、裁判で執行猶予付きの有罪判決が言い渡されていました。松江市はこの施設に対し虐待防止や適切な運営について、改善計画書を求めています。
【2019年04月18日】
山陰両県でも全国学力調査
文部科学省による全国学力・学習状況調査が18日、山陰両県でも実施され、鳥取県では約9600人、島根県では約1万1000人の小学6年生と中学3年生がテストに臨みました。今回は国語と算数・数学で基礎的な知識を問うAと、活用力を問うBに分かれていた問題をひとつにまとめたほか、中学校では英語が初めて導入され、パソコン画面に表示される問題にヘッドセットをつけた生徒が声を出して答え、録音していました。結果は今年7月に文部科学省から公表されることになっています。
【2019年04月18日】
鳥取県と楽天が包括連携協定
鳥取県内への誘客や生活の利便性をあげようと17日、楽天と鳥取県が協定を結びました。締結式には鳥取県の平井知事と楽天の武田和徳副社長が出席しました。協定では楽天が持つ約1億人の顧客の購買データなどを活用し、鳥取県の観光戦略を立てるほか「買い物弱者」を支援する実証実験などを行うとしています。鳥取県がIT企業と包括連携協定を結ぶのは初めてで、インターネットを活用した地域活性化の取り組みに期待がかかりります。
【2019年04月17日】
インフルエンザで学校、学級閉鎖
島根県隠岐の島町の中学校でインフルエンザの集団感染があり、16日まで学校閉鎖となりました。島根県によりますと隠岐郡隠岐の島町の西郷南中学校で、生徒22人がインフルエンザとみられる症状で欠席。学校は16日まで全校閉鎖の措置をとりました。島根県によると、1日から1週間のインフルエンザの患者数は前の週にくらべ、わずかながら増加したということです。また米子市の弓ヶ浜小学校で、4年生の1クラス8人が発熱やのどの痛みなどを訴え、検査したところ、インフルエンザA型が検出されたということです。このため弓ヶ浜小学校は4年生1クラスを16、17日、学級閉鎖する措置をとりました。鳥取島根両県は、「手洗い」やうがい「マスクの着用」などを呼びかけています。
【2019年04月15日】
島根スサノオマジック プレーオフ進出
プロバスケットボールリーグB2の島根スサノオマジックは14日、今季ホーム最終戦に勝ち、B1昇格をかけて戦うプレーオフ進出を決めました。島根スサノオマジックは松江市総合体育館で愛媛オレンジバイキングスに84対68で勝ち、13日に続き連勝しました。 これで今季通算42勝16敗。今季最後のホーム戦でB1昇格をかけたプレーオフ進出を決めました。
【2019年04月14日】
テレポート山陰(201904~)
2017-7-31 Nスタ
NEWS23
報道特集
BSS私のスクープ投稿(動画用)
ページトップへ