テレビ番組表 ラジオ番組表 メニュー
ニュース
山陰地方のニュース
郵便局と行政が連携してこども食堂支援
全国初の取り組みです。鳥取市が郵便局と連携して食品の寄付を募り、地域のこども食堂を支援する活動を始めることになり、15日 調印式が行われました。鳥取市は県東部55の郵便局と連携し、地域の「こども食堂」で使う食品を地域住民から募ります。こども食堂の支援に郵便局と行政がタッグを組むのは全国でも初めてで、スタートは2月18日からです。寄付を募るのは家庭で余った米や乾麺、インスタント食品、調味料などで、賞味期限が1か月以上先の食品。生鮮食品や破損の恐れがある瓶詰のものは寄付できません。 寄付された食品は鳥取市、岩美町、智頭町、八頭町の合わせて21か所に配布されます。
【2019年02月15日】
みどりの愛護のつどい弁当検討会
山陰では初めて、5月18日に鳥取市で開かれる全国みどりの愛護のつどいに向け14日、記念弁当の検討会が開かれました。 カニやラッキョウ、豆腐ちくわなど地域の食材を盛り込んだA・B2つの案が用意され、食の研究家や栄養の専門家ら4人が審査しました。 全国から集まる人にアピールするため鳥取らしさや栄養バランスが採点のポイントでかにめし・いかすみめしの2種類のご飯にハタハタの南蛮漬けなどを盛り合わせたB案が採用となりました。 ます。 弁当は、さらに磨きをかけ鳥取らしいおもてなしをすることにしています。
【2019年02月14日】
給食に精進料理バーガー登場
鳥取県大山町の中学校で14日、地元食材を使った精進料理のバーガーが給食のメニューに登場しました。 「禅バーガー大山寺」は大山寺の宿坊で提供されていて、大山寺のおこわや湯葉などを 豆腐で作ったバンズではさんだ精進料理です。 3年生61人はバーガーを口いっぱいにほおばり、普段と違うメニューを味わいました。食べた生徒は「地元のものなので誇りに思うし、おいしい」と話していました。 この給食は卒業を控えた3年生にふるさとを思い出すきっかけにしてほしいと町が企画しました。 大山町は今後も地元産のメニューを給食に取り入れたいとしています。
【2019年02月14日】
鳥取県内の養豚場 豚コレラ感染なし
愛知県などで拡大が確認された豚コレラについて、緊急防疫対策として8日から鳥取県が実施した県内9つの養豚場の検査の結果、90頭の豚すべてが陰性で、豚コレラの感染はありませんでした。県内には28の養豚場がありますが、県外からの豚の導入実績がある9ヵ所が検査対象となりました。緊急防疫対策では、豚の検査に加え、農場に出入りする車を消毒する噴霧器の増設、検査用の機器や薬品の導入などを進めています。
【2019年02月12日】
鳥取・島根両県議会が開会
鳥取県の2月定例県議会が12日始まり、県側が今年度当初に比べ6%、203億円少ない約3,183億円の新年度当初予算案などを提案しました。予算案は歳入が圧迫される中、歳出では農林水産業の競争力強化、防災、地域活性化などに積極的に配分しました。また今期限りで引退する溝口知事にとって最後となる島根県議会定例会も12日、開会しました。来年度一般会計予算案は地方創生、人口減少対策と県土づくり予算を盛り込み、総額4,687億円と前年度を3.7%、167億円上回っています。
【2019年02月12日】
スキー場に待望の雪
建国記念の日の11日、山陰両県でも山あいを中心に雪が降りました。雪不足に苦しんでいたスキー場は大喜びです。人工造雪機を備えた島根県飯南町の琴引フォレストパーク、中央のコースは今月初めの大雨で雪が流されてしまいました。そんな中、10日からの雪を受けて1週間ぶりに営業を再開しました。今シーズンは年末には積雪があり、滑り出しは上々でしたが年が明けるとぱったりと雪が止んでしまいました。目標としていた平年並みの来場者数は厳しい状況になっているということですが、待望の雪に恵まれたことで11日は朝からスキー場らしい賑わいが戻ってきました。「琴引雪まつり」として様々なイベントも行われ、スキー場には雪を楽しむ親子連れらのにぎやかな声が響いていました。
【2019年02月11日】
赤ちゃんに木のおもちゃ贈る
幼いころから「木」のぬくもりに触れてもらおうと、杉の産地として知られる鳥取県智頭町で10日、今年度生まれた赤ちゃんに木のおもちゃがプレゼントされました。八頭郡智頭町は2017年から「ウッドスタート宣言」をしていて、智頭農林高校と木材協会の女性部が連携して新生児の誕生祝に木のおもちゃをプレゼントしています。この日は15組の親子に、連結して遊べる列車のおもちゃや積み木がセットになったおもちゃがプレゼントされました。集まった親子たちは、町内産の木でできた ctl12:40おもちゃの香りや手触りを楽しんでいました。
【2019年02月10日】
ガイナーレ鳥取にブラジルから2選手
サッカーJ3を戦うガイナーレ鳥取は10日、チームに合流するブラジル人選手2人の加入記者会見を米子市で開きました。新たにガイナーレ鳥取に加入したのは、ブラジル人のユリ選手とアドリエル選手です。2人の姿を一目みようと会場にはサポーターら約100人が 集まりました。強いフィジカルで得点感覚に優れたフォワード・ユリ選手と危機察知能力に長けたディフェンダー・アドリエル選手は、「チームのために貢献していきたい」と意気込みを語りました。J2への昇格を目指すガイナーレ鳥取、2019シーズンの初戦は来月10日、アウェー横浜でY.S.C.C横浜と対戦します。
【2019年02月10日】
豚コレラ 鳥取県も対策へ
愛知県などで拡大が確認された豚コレラについて、鳥取県の平井知事は8日の記者会見で、緊急対策に着手し農場に出入りする車を消毒する噴霧器の増設や、豚の健康状態を把握する血液サンプリング調査、そのための機器や試薬の導入などに乗り出すと述べました。県内には28の養豚場がありますが、拡大の一因とされる子豚の出荷などは関係ないことが確認されました。また、鳥取市桂見での県立美術館の計画が前の知事時代の1999年に凍結されたことについて、道路などを準備する鳥取市に対し説明が十分でなく一方的だったとして、任期中の3月までに率直にお詫びして協議に入りたいとの意向を示しました。
【2019年02月08日】
美保関舞台に短編映画
松江市美保関町を舞台にした映画に出演するお笑いトリオ「ネルソンズ」のメンバー、青山フォール勝ちさんらが8日、松浦市長を訪ねました。松浦市長を訪ねたのは、お笑いトリオ・ネルソンズのメンバー青山フォール勝ちさんと、映画監督の笠木望さんです。よしもとクリエイティブ・エージェンシーが制作することになったのが、松江市美保関町を舞台にした短編映画「いざなぎサンセット」。松江市出身の青山さんは、その意気込みを松浦市長に報告しました。4月の「沖縄国際映画祭」にも出品される「いざなぎサンセット」の撮影は、9日から3日間美保関町で行われます。
【2019年02月08日】
テレポート山陰(2019~)
2017-7-31 Nスタ
NEWS23
報道特集
BSS私のスクープ投稿(動画用)
ページトップへ