山陰放送のニュース

鳥取砂丘しゃんしゃんフェスタ
2018年9月16日
さわやかな秋晴れのもと鳥取砂丘では、地元のチームと一般の参加者が傘踊りを披露するイベントが開かれました。鳥取砂丘しゃんしゃんフェスタは毎年開かれていて、今回で4回目です。観光地の鳥取砂丘と 伝統芸能のしゃんしゃん傘踊りをPRしようと地元の5チームが参加しました。会場では砂丘を背景にして傘踊りの写真を撮るアマチュアカメラマンや、傘踊りチームのメンバーから傘の持ち方などを習い、踊ってみる子どもたちの姿が見られました。また飲食グルメのコーナーでは、イワナの塩焼きやジビエのバーガーなど地元の味を参加者らが買い求めていました。
大山山麓・日野川流域 つながるマルシェ
2018年9月16日
鳥取県西部の大山山麓と日野川流域の新鮮な野菜や特産品が並ぶイベントが16日、米子市の中心市街地にある角盤町エリアで開かれました。角盤町で開かれた「つながるマルシェ イン える・もーる」は、米子市と角盤町商店街振興組合が、角盤町エリアに人のにぎわいをとり戻そうと開いたもので、会場には多くの人が詰め掛けました。今回、来場客からの注目を集めたのは、大山山麓、日野川流域からの出店です。日南町と江府町の道の駅、高校生主体のボランティアチーム・日野町役場JK課などが、それぞれの特産品やスイーツなどを販売しました。会場ではステージイベントも開かれ、多くの人でにぎわいました。「つながるマルシェ イン えるもーる」は10月13日にも開かれます。
週末だけのまちのみせ
2018年9月15日
鳥取市鹿野町で週末だけまちのあちらこちらに店がオープンするイベント「週末だけのまちのみせ」が開かれています。期間中、地元商店を含めのべ70を超える店がオープンするこのイベント。通りには特産の「鳥取地どりピヨ」のやきとりとなどを楽しめる店もあり、通りかかった人はできたてをおいしそうに味わっていました。また、カラフルな筆ペンを使って楽しむ「筆美文字」の店では、客が手本を見ながら画用紙の上に文字を書いていました。このイベントは今月23日までで、16日も開催されます。
健康と地域包括ケアをテーマにイベント
2018年9月15日
健康と地域包括ケアをテーマとしたイベントが15日、松江市の専門学校で開かれました。松江総合医療専門学校が、開校20周年を記念して開いたイベント「大野健康フェスティバル」では、各学科あわせて300人の学生が、転倒予防検査や血圧測定のブースなどを設け、参加者の健康相談に応じました。理学療法士科の学生によるロコモ予防のコーナーでは、ストレッチ体操などを学生が丁寧に指導していました。高齢者が多い大野地区に立地するこの学校では、イベントなどで学生と地区のお年寄りとの絆を深めることが、地域包括ケアの実践にもなるとして取り組んでいます。
日本遺産とソウルフードがコラボ
2018年9月14日
出雲のご当地グルメ「バラパン」が、日本遺産とコラボです。15日の夕方開かれるコンサート会場で夕日をイメージしたバラパンが販売されるのを前に14日、出雲市長にお披露目されました。出雲市の長岡市長が試食したのは出雲のソウルフード「バラパン」。しかし、このバラパン。クリームの色がいつもとは違います。日御碕灯台で開かれる「夕日のコンサート」に合わせ開発された「夕日のバラパン」です。市内の老舗喫茶店「ふじひろ珈琲」では、バラパンの生地だけを仕入れ店オリジナルで作ったバラパンを20年以上前から提供しています。日本遺産「日が沈む聖地出雲」で知られる日御碕灯台の良さを広く知ってもらおうと、「夕日のバラパン」を考案しました。「夕日のバラパン」は、15日午後4時から日御碕灯台で行われるコンサート会場で、100個限定で販売されます。
事業継承ネットワークの拠点開所
2018年9月14日
鳥取県内で2か所目の拠点です。事業の引継を支援するため14日、米子市に「鳥取県事業承継ネットワーク西部拠点」が新設されました。県内では、事業の後継者がいないといった声が多く、西部地区では過去3年間で50件近くの相談が寄せられています。相談受付は平日、専門相談員などが対応するほか、必要に応じて弁護士などの専門家を無料で派遣します。
鳥取県 「インスナ映え」で新キャンペーン
2018年9月13日
砂丘の観光を盛り上げようと 鳥取県が新しいキャンペーンを始めました。 「#インスナ映え」や 「#砂丘の芸術」とつけて、 砂丘で撮った印象的な写真をSNSに投稿すると自動的に応募となり、 優秀作品には鳥取の和牛やカニが当たります。 国、県、市の施設を一本化して、 サービスを提供する鳥取砂丘ビジターセンターが、 来月オープンするのを記念して行われています。 関西国際空港の台風被害の余波で、 外国人観光客が減る中、 情報の拡散力に着目した新しい砂丘観光の起爆剤として期待されます。
ハンマー殴打 逮捕の男を送検
2018年9月13日
松江市の病院で発生した殺人未遂事件で 逮捕された男が逃走で使った車が 鳥取市内のレジャー施設で見つかっていたことが分かりました。 男は依然、殺意を否認しています。 殺人未遂の疑いで逮捕された 住所不定の土木作業員 森本勝己容疑者の身柄は13日、 松江地方検察庁に送られました。 森本容疑者は今月7日、 松江市の松江記念病院で知人の男性患者をハンマーで殴り、 殺害しようとした疑いが持たれています。 森本容疑者は、 警察の取り調べには素直に応じているということですが、 殺意については依然否認しています。 また捜査関係者によりますと、 逃走に使った軽乗用車は知人名義のもので、 鳥取市内のレジャー施設の駐車場でみつかったことも新たに分かりました。 今後、事件のいきさつや足取りについても調べをすすめることにしています。
山陰初の子どもの「第三の居場所」開設
2018年9月11日
子どもの貧困対策として日本財団が全国の自治体と協力して運営する施設「第三の居場所」が、山陰で初めて鳥取市に開設され、運営に関する協定が11日、結ばれました。対象は小学校低学年の児童で学習支援や食事の提供などを行います。営業は平日の放課後と土曜日で、利用料金は各家庭の所得によって変わりますが、生活保護を受けているなど経済状況によっては無償で利用できるということです。利用に関する相談は鳥取市こども家庭課で受け付けています。
秋の味覚 クリの出荷始まる
2018年9月11日
秋の味覚『クリ』の出荷が11日、島根県最大の産地・津和野町で始まりました。津和野町内の集荷場には、農家が収穫した約230キロのクリが持込まれ、従業員らが作業に追われました。今月4日から始まった出荷作業、今年はやや小ぶりながら、甘くておいしいクリができたということです。大きさごとに分けられた津和野のクリは、県内や京都などの市場に向け出荷されました。JAは、今年12トンを出荷し約1000万円の売り上げを見込んでいます。クリの出荷は来月中旬まで続きます。
平成最後 皇室へ二十世紀梨を献上
2018年9月10日
出荷の最盛期を迎えている二十世紀梨。米子市で11日、天皇皇后両陛下をはじめ皇室へ贈る二十世紀梨が、生産者から県の担当者に引き渡されました。鳥取県は1964年から毎年天皇皇后両陛下に特産の二十世紀梨を贈っています。11日は米子市別所で、生産者や県の職員らが、皇室へ贈る84個の二十世紀梨を選んだあとひとつひとつ丁寧に包装して箱につめていきました。、今年は猛暑や台風などの影響が心配されましたが、関係者によると玉太りもよく甘い二十世紀梨に仕上がったということです。この二十世紀梨は航空便で東京に運ばれ、宮内庁へ届けられる予定です。 
気温上がらぬ週明け、雨で列車ダイヤも乱れる
2018年9月10日
秋雨前線の影響で、山陰地方は11日もぐずついた天気となりました。最高気温は22度前後と10月中旬並みのところが多く、大雨の影響で列車の運休も相次ぎました。一方、大雨の影響でJRのダイヤは大幅に乱れました。JR米子支社によりますと、特急スーパーはくとや特急やくもなどあわせて71本の列車が運休となり、4850人に影響が出ました。また、降り始めからの雨の量は鳥取市の鹿野で348ミリなどとなっています。これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあることから、気象台は土砂災害に警戒するよう呼びかけています
松江・女性刺傷事件 容疑者の身元が判明
2018年9月 9日
先週松江市で、 女性が刃物で切りつけられけがをした傷害事件について、 警察は逮捕した容疑者の身元が判明したと発表しました。 今月5日、 松江市の複合ビル「松江テルサ」で、 73歳の女性を刃物で切りつけけがをさせたとして、 警察は傷害の疑いで現場にいた男を逮捕しました。 当初男は名前の供述を拒んでいましたが、 警察は9日、 取り調べなどで男は住所不定・無職の 後藤義光容疑者(58)と判明したと発表しました。 調べに対し後藤容疑者は 「人に迷惑がかかると思い名前を言わなかった」と供述しているということです。 後藤容疑者の身柄は7日に検察へ送られました。 引き続き犯行のいきさつなどを調べています。
折々の雄姿 大山の写真展
2018年9月 8日
別名「伯耆冨士」とも呼ばれる鳥取県の名峰大山を撮影した写真の展示会が8日、鳥取県伯耆町の美術館で始まりました。写真展は大山開山1300年を記念して開かれているもので、四季折々の雄大な大山の姿55点が時系列で展示されています。初日は、撮影した写真家の柄木孝志さんを招いてギャラリートークが行われました。[大山24hours柄木孝志写真展]は10月8日までの開催で、入場無料です。
入院患者をハンマーで殴り逃走
2018年9月 7日
7日午前11時過ぎ、松江市上乃木の「松江記念病院」で、入院中の男性が男にハンマーで頭を殴られました。男は、その場を立ち去り今も逃走中です。殴られた男性は、命に別状は無いということです。事件が起きた松江記念病院は、JR松江駅の南およそ2キロの住宅地に位置し、近くには学校や商店などもあります。また、小学校の通学路にも面しています。警察は、現場近くの目撃情報から男が車で逃走を図ったとみて、県内の広範囲、さらには、米子・境港周辺に緊急配備をしき、現在も、男の行方を追っています。警察によりますと、男は、40代で身長は175センチから180センチのやせ型で、白の長袖トレーナーに、黒のハーフパンツを着ていたということです。
ベニズワイガニ初水揚げ
2018年9月 7日
待ちに待ったべシーズンの到来です。7日、境港でベニズワイガニが初水揚げされました。資源保護のための2か月間の禁漁期間を経て、9月1日に漁が解禁されました。初せりを前に行われた式典では関係者が三本締めをして今シーズンの豊漁を願いました。この朝、境港に入港したかにかご船は1隻で、水揚げされたベニズワイガニは約15トンでした。この日の初せりでは、加工用が1ケース30キロあたり高いもので1万600円で取引されたということです。
「誰でもよかった」男が女性刺す
2018年9月 6日
5日夕方、松江市のビルで、女性をいきなり刃物で切り付けけがをさせたとして、警察は傷害の疑いで男を逮捕しました。5日午後6時ごろ、JR松江駅前にあるビルの1階ロビーで、男がベンチに座っていた73歳の女性をいきなり刃物で切り付けました。その後、男は近くの交番に行き、「刑務所に入りたかった。相手はだれでも良かった。」と話していて、警察は、男を傷害の疑いで緊急逮捕しました。女性は腕に軽いけがをしましたが、命に別状はありません。警察によりますと男は60代とみられ、取り調べに対し供述を拒んでいるということです。警察が犯行の動機などを詳しく調べています。
米子東ボート部選手が知事に優勝報告
2018年9月 6日
この夏、愛知県で開かれた全国高校総体のボート競技で優勝、入賞した米子東高校の選手たちが6日、鳥取県の平井知事に結果を報告しました。中務さんと寺井さんは男子ダブルスカルで山陰で初となる優勝、権代さんと永見さんは女子ダブルスカルで5位入賞です。平井知事は「この素晴らしい実績を大切に 更なる飛躍をするよう応援しています。」と、選手たちに声をかけました。選手たちは29日に福井県で開幕する国体にも鳥取県代表として出場します。 
松江の専門学校が認知症看護師課程を設置
2018年9月 5日
認知症の患者が増える中、松江市の専門学校が5日、認知症看護のスペシャリストを育てる教育機関をスタートさせました。専門学校が運営するのは全国で初めてです。「松江看護キャリア支援センター」に開講したのは認知症看護の分野の認定看護師を育てる教育課程です。1期生となる研修生31人は、病院などで認知症の看護経験を積んだ看護師で、愛知や沖縄からやってきた生徒もいます。認知症患者が増え続けるなか、松江市の専門学校が新たに設置したもので専門学校がこうした教育機関を運営するのは全国では初めてです。来年5月の認定看護師試験に向け生徒は、認知症の専門知識を学び、山陰の病院などで実習を行います。
玉造温泉で露天風呂シアター
2018年9月 4日
日本一の広さの混浴露天風呂に新しい魅力が加わりました。松江市にある老舗温泉旅館で3日、全国初という温泉シアターが登場。早速、宿泊客たちが鑑賞しました。松江市の玉造温泉にある湯之助の宿長楽園、創業150年を機に発案したのが大露天風呂シアターです。広さ120坪の自慢の露天風呂に面した建物の障子部分に、山陰各地の美しい景色や松江の歴史を紹介する映像が映し出されます。今後、露天風呂全体を使ったプロジェクションマッピングを導入するなど、非日常的な宿泊体験によって玉造温泉に新たな魅力を加えて行きたいとしています。