山陰放送のニュース

まぐろ祭にぎわう
2017年6月24日
生マグロの水揚げ量日本一を誇る境港で24日、「まぐろ祭」が開かれマグロの解体ショーなどで盛り上がりをみせました。境港であがった108キロのクロマグロを職人が手際よく解体していきます。5回目となった境港さかなセンターの「まぐろ祭」、会場ではマグロの解体ショーで切り分けた大トロや中トロなどが格安で即売され、長蛇の列ができていました。また、カマや中落ちといった希少部位があたるじゃんけん大会も行われまぐろづくしのイベントとなりました。まぐろ祭は25日も開かれ、マグロの解体ショーやカニ汁の無料配布などが行われます。
急ブレーキ、急ハンドルで安全運転学ぶ
2017年6月24日
急ブレーキなど公道では危険な運転操作を体験することで、交通安全に対する意識を高めてもらおうという講習会が24日、鳥取市で開かれました。JAF日本自動車連盟などが主催する講習会には、この春入社した自動車販売店の社員ら20人が参加しました。急ブレーキや急ハンドルなど、やってはいけない危険な操作を実際に体験してみる講習会、使い慣れたマイカーでの運転でしたが、急なハンドル操作に戸惑う参加者の姿も見られました。JAFは今後もこうした講習会を定期的に行い、安全運転の普及に努めたいとしています。
島根スサノオ 安部潤選手ら退団
2017年6月23日
島根スサノオマジックは23日、松江市出身の安部潤選手とスサノオ創設1年目からチームを支えてきた横尾達泰選手の2人が退団すると発表しました。安部潤選手は松江市出身の31歳。松江東高校から東海大学、NBLの三菱電機ダイヤモンドドルフィンズを経て2014年、島根スサノオマジックに入団しました。安部選手の移籍先は大阪エヴェッサで島根は同じB1西地区の舞台で戦うことになります。安部選手は「ブースターの方々は僕の一生の宝物。正直、地元のチームを離れるのは寂しい気持ちです。」とコメントしています。また横尾選手は32歳。チーム創設の2010年ドラフトで入団し7年間島根でプレーしました。横尾選手はB2西地区の、熊本ヴォルターズに移籍します。
米子北高看護科で宣誓式
2017年6月22日
5年一貫教育で看護師を目指す米子北高校の看護科で22日、病院実習を前に決意を新たにする宣誓式がありました。式には、基礎教育を終え、専門教育課程で病院実習にのぞむ看護専攻科の37人が出席しました。ナイチンゲール像からろうそくの灯りを受け取った生徒たちは、看護の精神を表わした「誓いの言葉」を述べました。生徒たちはこれから病院実習に臨み来年度の看護師国家試験に備えます。
アジサイの花 見ごろ
2017年6月22日
雨は降らないものの、蒸し暑い一日となった22日、米子市では梅雨の花の代表、アジサイが見ごろを迎えています。米子市淀江町にある「白鳳の里」では、アジサイが咲きそろいました。雨が似合う花ですが、さわやかなブルーが際立つアジサイは蒸し暑さをひととき忘れさせてくれるようで、この日もアジサイ目当てに訪れた人たちが、季節の花を楽しんでいました。    
もっと見る