山陰放送のニュース

夏の高校野球島根大会が開幕
2019年7月14日
夏の高校野球島根大会が14日松江市で開幕。令和初の甲子園出場をかけた熱い夏が始まりました。松江市営野球場で行われた開会式では、去年の優勝校・益田東を先頭に参加39校が入場行進しました。選手宣誓は矢上の木村維心主将。「野球ができることに心から感謝し、支えあった最高の仲間と最高の結果を全身全霊で戦いぬいていくことを誓います」と宣誓しました。島根大会は順調に行くと27日に決勝戦が行われ、甲子園出場校が決まります。
鳥取港に入港 護衛艦すずつき歓迎式典 
2019年7月14日
14日、鳥取港で海上自衛隊の護衛艦「すずつき」の歓迎式典が行われました。護衛艦「すずつき」はPRのため鳥取港に入港し、15日には艦内見学会などが予定されています。歓迎式典では、川田英司艦長に花束や特産品の目録が手渡されました。一般公開は15日午前9時からで、護衛艦「すずつき」のほか、航空自衛隊のPAC3や陸上自衛隊の軽装甲機動車なども展示されます。
酒気帯び運転で鳥取市職員の男を逮捕
2019年7月14日
酒を飲んで乗用車を運転したとして、鳥取市職員の男が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。また、この職員の知人の男が犯人隠避の疑いで逮捕されました。酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、鳥取市福部町湯山の鳥取市職員、森本実容疑者53歳です。警察によりますと、森本容疑者は12日午後10時半ごろ、酒を飲んで乗用車を運転し、鳥取市行徳の県道で側溝に脱輪、通行人からの通報で警察が駆け付けたところ、現場近くには森本容疑者の知人で67歳の男がいて、「私が運転していた」と警察にうその説明をしたということです。車の名義が森本容疑者だったことから警察が説明をもとめたところ容疑を認め、警察は、森本容疑者を酒気帯び運転で、知人の男を犯人隠避の疑いで逮捕しました。職員の逮捕をうけ鳥取市は、「市民の信頼を損なうものであり、深くお詫び申し上げます。再発防止に努めてまいります。」とコメントしています。
高校野球 鳥取大会開幕
2019年7月13日
令和初の甲子園出場をかけた戦い、夏の高校野球鳥取大会が13日、米子市で始まりました。どらドラパーク米子市民球場で行われた開会式では、去年の優勝校・鳥取城北を先頭に参加23チームの選手たちが入場行進しました。そして米子東高校の福島康太主将が「未来の高校球児に感動と希望を届け、新たな時代の始まりにふさわしい大会とすることを誓います」と、宣誓しました。鳥取大会は順調にいくと7月25日に決勝戦が行われ、令和初の甲子園出場校が決まります。
出雲・韓国チャーター便 一時中止
2019年7月12日
6月に就航した出雲と韓国ソウルを結ぶ国際連続チャーター便が、韓国への輸出規制強化などによる日韓関係悪化の影響で一時的に運航を中止することになりました。島根県交通対策課によると、連続チャーター便を運航する韓国のコリアエクスプレスエアから11日午後、13日から25日までの6往復の運航を中止すると連絡があったということです。中止の理由については「日韓関係が悪化している影響でツアー予約のキャンセルが相次ぎ集客も難しくなる」とのことです。6月6日に就航した連続チャーター便は週3往復で、これまで16往復運航し、利用客402人が出雲空港に到着しましたが、3つの便で乗客がゼロでした。運航会社は月末は予約があるため、7月27日に再開するとしています。
もっと見る