山陰放送のニュース

三江線の鉄道資産を町に譲渡
2019年6月18日
去年惜しまれつつ廃線となったJR三江線。その鉄道資産の無償譲渡について沿線の邑南町とJR西日本との協議がまとまり18日、米子市で譲渡契約が結ばれました。邑南町は取得後、鉄道公園化を目指します。JRから邑南町へ無償譲渡されることになったのは、宇都井駅、口羽駅、江平駅それぞれの周辺の土地と鉄道関連資産です。邑南町は譲渡された資産を使って鉄道公園の整備を進める計画です。JRは譲渡にあわせ約2億3000万円を邑南町へ協力金として支払います。邑南町は今後、駅を改修するなどして来年4月に三江線鉄道公園(仮称)のスタートを計画しています。
鳥取砂丘でまた落書き
2019年6月18日
鳥取砂丘でまた落書きが見つかりました。落書きは17日夕方、自然公園財団のスタッフが見つけ18日朝、県に連絡しました。鳥取砂丘の落書きは今年4月にも幅27メートル、縦35メートルにわたって「SEBASUTiAN(セバスチャン)」というローマ字と人の顔らしいものが書かれていました。また今年1月にも、外国人による落書きが見つかったほか、車が乗り入れた痕がみつかっていて落書き禁止の看板や柵を設けて注意を呼び掛けていました。県の条例で鳥取砂丘の砂の上に面積10平方メートルを超える落書きをした場合、行為によっては5万円以下の過料が科されます。今回見つかった落書きは「人気キャラクター」に「ラブの文字」、そして「ハートマーク」の3つで、県によりますと大きさはいずれも10平方メートル以下だということです。現場はきれいな風紋が見られる場所で、県は見回りを強化するほか、啓発活動に力を入れるなどして落書きの防止に努めるということです。
鳥取県 交通事故多発で広報検問
2019年6月17日
鳥取県に交通死亡事故多発警報が 発令されたことを受けて 17日、鳥取市円通寺の 国道53号で ドライバーに事故防止を訴える 広報検問が行われました。 県内では 今月7日から13日にかけて 米子市、倉吉市、八頭町内などで 4件の交通死亡事故が相次ぎました。 検問では、チラシなどを配り 事故を起こさない運転を呼びかけました。 交通死亡事故多発警報は 今月23日まで発令され、 各地で交通安全への取り組みが 続けられます。
米子ソウル便 先月も好調
2019年6月17日
米子ソウル便が好調です。 運航するエアソウルによりますと 先月の搭乗者数は7122人、 搭乗率が71.2%となりました。 月間の搭乗者数が 7000人を越えるのは 3か月連続です。 特に大型連休の影響で 日本人利用客が去年の同じ時期より 744人増えました。 一方、香港航空が運航する米子香港便は 先月の搭乗者数が2942人、 搭乗率が70.5%となりました。 去年の同じ時期より900人余り増え、 搭乗率もおよそ4ポイント 上回りました。
境港まぐろ感謝祭
2019年6月16日
好調なマグロの水揚げが続いている境港で16日、天然本マグロの魅力を多くの人に知ってもらおうと、「まぐろ感謝祭」が開かれました。今回で9回目となるまぐろ感謝祭では、境港に水揚げされたマグロの刺身や、境港商工会議所女性会が考案した家庭で出来る簡単レシピのマグロ料理などが振舞われました。来場者は長い行列を作り、新鮮なマグロを堪能しました。この他、マグロの体重当てクイズやお絵かきコンテストなどまぐろ一色となった会場は、大人から子どもまで大勢の人でにぎわいました。
もっと見る