山陰放送のニュース

原子力規制委が島根原発2号機現地調査
2018年11月15日
中国電力が早期再稼働を目指す島根原発2号機について、原子力規制委員会は新規制基準への適合性審査の一環として15日、現地調査を実施しました。調査したのは、原子力規制委員会の山中伸介委員と原子力規制庁の職員ら 合わせて25人です。適合性審査における2号機の現地調査は2015年以来3年ぶりの4回目で、緊急時対策所やガスタービン発電機の建屋内など、重大事故対策の施設を中心に調査したということです。また、委員らは廃炉の初期段階の作業が進む1号機も視察した他、16日は3号機を視察する予定です。
松江駅でテロ想定訓練
2018年11月15日
東京オリンピック・パラリンピックや島根県で全国植樹祭が開かれる2020年にむけて、各地で様々な訓練が行われています。15日は松江市で、大がかりな訓練がありました。JR松江駅での訓練は、テロリストが駅構内に仕掛けた爆発物が爆発し、多数の負傷者が出た想定で始まり、警察やJRの職員など約120人が参加しました。訓練では、現場が有毒な物質で汚染されている場合にも備え、防護服を着た消防隊員が負傷者を運び出しました。また、警官がテロリストの身柄を確保し、機動隊が重機を使って爆発物を取り除きました。松江駅での大規模な訓練は約10年ぶりということです。
高校生が消費税テーマにディベート
2018年11月14日
消費税の増税に賛成か反対か?14日米子市で、米子北斗高校の生徒たちが「消費税増税」をテーマにディベートに臨みました。校内予選を勝ち抜いたグループは壇上で「増税の是非」に熱い論戦を繰り広げました。ディベートを企画した米子間税会と米子税務署は、今後もこうした企画を通じて次の世代を担う高校生に税に関心を持ってほしい、としています。
鳥大が「発明楽」のテキストを出版
2018年11月14日
鳥取大学が独自に考案・編集したイノベーション教育に使用するテキストを出版することとなり14日、鳥取県の平井知事に報告しました。「発明楽(はつめいがく)」と名付けられたテキストは、発明する考え方や楽しさを小学生にもわかりやすく紹介したもので絵本形式になっています。「発明楽」のテキストは今月21日ごろからインターネットなどで販売する予定です。
石見智翠館 水谷選手 ソフトバンクと仮契約
2018年11月13日
プロ野球のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに5位指名された石見智翠館高校の水谷瞬選手が、 13日、球団と入団契約を交わしました。 いずれも推定で契約金は3500万円、年俸は500万円(いずれも推定)で合意したということです。 水谷選手は「日本を代表する選手になるのが目標。まだそこまでは遠いと思うのでステップを踏んでいきたいと思う」 と話しました。 水谷選手は今後、福岡で予定されている新入団選手の会見にのぞみ 来年、新人合同自主トレでプロとしてのスタートを切る予定です。
もっと見る