山陰放送のニュース

鳥大の酒米プロジェクトで稲刈り
2018年10月15日
来年の創立70周年の祝いの酒にしようと鳥取大学で酒米を作るプロジェクトが進められており、15日に稲刈りが行われました。大学内にある田んぼでは5月に植えた酒米 強力が実り、 農学部の学生がコンバインで刈り取っていきました。酒米作りは農薬や化学肥料を使わず、田んぼに 紙を敷いて雑草を防ぐ鳥大が開発した栽培法で行われ、背が高く栽培しづらい 強力も大学が復活させた品種です。収穫したおよそ1トンの酒米は酒造会社の協力で来月に仕込み、来年の秋には創立70周年を記念する酒約3000リットルができあがります。
鳥取県議会 最終日
2018年10月15日
鳥取県の9月定例県議会は最終日の15日、台風24号被害の復旧費用として追加提案された40億円余りの補正予算案など26の議案を可決して閉会しました。補正予算には台風で被災した道路など公共土木施設の復旧に30億円、農地などの復旧に3億円などを計上しています。この議会では7月豪雨の復旧復興対策として123億円の補正予算を先議として既に可決しています。議員提案では、2033年の国民体育大会の招致を要望する決議を可決しました。
日常のトラブル「何でも相談会」
2018年10月14日
弁護士や司法書士など専門家が集まって日常のトラブルなどの相談に応じる「なんでも相談会」が14日、鳥取市で開かれました。相談会は、弁護士や司法書士に加え中小企業診断士や社会保険労務士など10の分野の専門家40人以上が集まり、暮らしのトラブルから会社の経営・労働まで幅広く対応できる体制で行われました。会場には朝から次々と市民が訪れ、専門家のアドバイスを受けていました。最近は相続や土地の境界を巡る相談が多いということです。いろいろな専門家が集まることでワンストップで相談に応じられる利便性があり、今後も県内持ち回りでこうした相談会を開くことにしています。
コハクチョウ 今シーズン初飛来
2018年10月14日
山陰に冬の使者がやってきました。14日早朝、米子市の米子水鳥公園で、シーズン初のコハクチョウが飛来しているのが確認されました。米子水鳥公園に飛来した冬の使者・コハクチョウ。午前6時ごろに第一陣となる7羽のコハクチョウの姿が確認されました。羽づくろいをしたり水草を食べたりしていたということです米子水鳥公園はコハクチョウが集団で冬を越す場所とされ、ロシアの極東地区から約4000キロ離れたこの地を目指します。今シーズンの初飛来は平年並みということですが毎年、コハクチョウより先に飛来するマガンがまだ飛来しておらず、マガンより先にコハクチョウが初飛来したのは開園以来初めてだということです。例年、山陰に約2000羽がやってくるコハクチョウ。3月頃まで中海周辺で過ごします。
高校生が躍動!「書道パフォーマンスGP」
2018年10月13日
音楽に載せて高校生が躍動します。 「第4回イオンモールカップ高校書道パフォーマンスグランプリ中四国大会」の県予選が 13日、鳥取市で開かれました。 予選には県内の高校3校が出場。各チームの持ち時間は10分間で、 音楽に合わせパフォーマンスを披露しました。 たて4メートル、よこ6メートルの巨大な紙に、全身を使って筆を走らせ、作品を仕上げていきました。 審査の結果、ミュージカル映画を基に作り上げたパフォーマンスを披露した、 鳥取城北高校が優勝。来年1月に岡山で開かれる決勝大会に出場します。
もっと見る