山陰放送のニュース

山陰両県 公務員にボーナス
2018年12月10日
10日、山陰両県で公務員にボーナスが支給されました。鳥取県職員の支給総額は80億7100万円あまり。平均年齢43.8歳で75万9756円と去年より3460円(0.46%)増えました。特別職の最高額は平井知事で227万8116円です。一方、島根県職員の支給総額は114億4518万円あまり。平均年齢44歳で83万4000円と去年より5000円(0.6%)減りました。特別職の最高額は溝口知事で275万940円です。
釣りの男性が海に落ち死亡
2018年12月10日
10日朝、鳥取市青谷町の海岸で釣りをしていた65歳の男性が海に落ち死亡しました。10日午前8時ごろ、鳥取市青谷町の長尾鼻岬で釣り人が高波にさらわれて海に落ちたのを別の釣り人が目撃し、110番通報しました。海に落ちたのは鳥取市青谷町大坪の無職・塩善彦さん(65)で、1時間後、約500メートル沖合で発見され、海上保安庁のヘリコプターに引き上げられ、病院へ運ばれましたが死亡が確認されました。長尾鼻は釣りのスポットとして知られ、塩さんは岩場で釣りをしていましたが、ライフジャケットは着ていなかったということですまた当時、波は沖合で50センチでしたが 沿岸ではもっと高かったということです。警察は塩さんが高波にさらわれて海に落ちたものとみて、当時の状況を詳しく調べています。
安来第一病院 新病棟完成
2018年12月 9日
安来市中心部にある安来第一病院で新たな病棟・東館がこのほど完成し9日、一般見学会が開かれました。この日は大勢の親子連れらが訪れて、簡単な健康チェックを受けたり、リハビリ用の様々な設備を試していました。安来第一病院では、急性期の治療を終えた後の治療の継続や、リハビリなどを受け入れたいとしており、東館には外来の診察室や回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟などが置かれます。病室は感染症対策や、プライバシー確保のため個室が中心となっています。東館は年明けから順次使用が始まります。
みんなのいきかたフォーラム
2018年12月 8日
県民に将来のライフプランを真剣に考えてもらおうと鳥取県が8日、米子市でフォーラムを開きました。鳥取県が、県内の若年層を中心に結婚や子育てなど将来のライフプランを考えてもらおうと展開する「みんなのいきかたキャンペーン」の一環として行われたフォーラムでは、鳥取県出身の父を持ち、2015年から「とっとりふるさと大使」をつとめている、お笑い芸人・ココリコの遠藤章造さんがトークショーをしました。遠藤さんは「僕が25歳9月のときの給与明細が25円、その明細みたときになにかの暗号かなと思った。」などと、笑いを交えながら自身の人生経験などを紹介し、集まった人たちは興味深そうに耳を傾けていました。「みんなのいきかたキャンペーン」は1月末まで続きます。
島根原発1号機 解体作業始まる
2018年12月 8日
約30年かけての廃炉が決まった島根原発1号機で、最初の解体作業が始まり7日、報道関係者に公開されました。1974年に運転を開始した島根原発1号機は、去年、廃炉が決定し、2045年度まで解体・撤去作業が続きます。7日は、第1段階として放射性物質に汚染されていない区域での解体が始まり、屋外にある窒素ガス貯蔵タンクにつながる配管を作業員が電気のこぎりで切断しました。窒素ガス制御関連の装置の解体は12月末まで続き、10数トンの一般廃棄物として搬出されます。第1段階の作業は2021年度までで、その後、原子炉本体周辺の解体が予定されていますが、放射線量の比較的高い廃棄物の処理方法は、いまだ決まっていません。
もっと見る