山陰放送のニュース

雲南市で民家全焼 1人重傷
2018年2月24日
24日午前10時すぎ、雲南市大東町上佐世の永瀬俊幸さんの住宅の母屋から火が出ていることに離れにいた永瀬さんの妻が気付き110番通報しました。火は母屋と離れ、あわせて約192平方メートルを全焼して約2時間後に消し止められました。この火事で妻の永瀬洋子さん(65)がやけどをして重傷です。火事の原因を警察と消防が調べています。
国際マンガコンテスト表彰式
2018年2月24日
日本のマンガ文化のすばらしさを発信しようと24日、米子市でマンガコンテストの表彰式が行われ、鳥取県出身の人気声優も応援に駆けつけましたまんが王国とっとりの取り組みで行われた国際マンガコンテスト、6回目となる今回はテーマを「旅」とし、台湾やロシアなど国内外から705点の応募がありました。最優秀賞は松本弘行さんの死神を主人公にした4コママンガ「黒の旅人」が選ばれましたまた、受賞作品を題材にして鳥取県出身の声優・近藤孝行さん、若林直美さん、声優を目指す高校生がその場で声をあて 作品の紹介をしました鳥取県は、今後も日本のマンガ文化の魅力を発信していきたいとしています。
FDA静岡線就航を前にゆるキャラPR隊
2018年2月23日
3月25日、出雲縁結び空港に就航する静岡線を盛り上げようと、静岡県のゆるキャラ2体が23日、島根県庁を訪れました。島根県の藤原副知事と観光キャラクターしまねっこが出迎えたのは、静岡県浜松市の「出世大名家康くん」と磐田市の「しっぺい」です。複数のゆるキャラが島根県庁を訪れますが、しまねっこが出迎えるのは初めてで、静岡県のゆるキャラたちは県の観光担当者らと静岡県内各地の魅力をアピールしました。お茶の生産量が日本一の静岡県。静岡空港は県中部に位置し、来月25日の直行便就航で、抹茶文化などを通じたさまざまな交流が期待されます。また、出雲縁結び空港には、4月20日に仙台線も就航する予定で、全国とのご縁が広がりそうです。
防災地図「支え愛マップ」を学ぶ
2018年2月22日
災害時に高齢者や障がい者などの避難を支援するために役立てる防災地図「支え愛マップ」について学ぶ研修会が22日、鳥取市で開かれました。県社会福祉協議会が開いたもので、会では実際に地域で取り組んだ支え愛マップづくりの活動事例が紹介されたほか、地区の代表が成果や課題などについて報告を行いました。研修会は3月、倉吉市と米子市でも開かれます。
三江線 運転再開
2018年2月22日
廃線までのカウントダウンが進む中、大雪のため約40日にわたって一部区間で運休していたJR三江線が22日、三次・口羽間の運転を再開しました。この日は三次駅5時38分発の1番列車が、順調に定刻の6時35分、まだ雪の残る口羽駅ホームに到着しました。乗客の多くはマスコミ関係者でしたが、「三江線に乗ること」を目的に、京都や福岡から来た乗客もいました。また、沿線の住民も「やっぱり汽車の音が響くのはいいですね。」と話していました。ジェイアールによりますと、残る口羽・浜原間は、24日から運転が再開される予定でラストランに向けて、ようやく全線での通常運行となりそうです。
もっと見る