山陰放送のニュース

大型連休前に親水施設の安全点検
2018年4月24日
大型連休を前に中海周辺にある水辺の施設で24日、国土交通省などが安全点検を行いました。安全点検は、特に子ども達が水辺に近づく機会が増える大型連休前の時期に毎年、中海や宍道湖、河川などの公園や護岸の22の施設を対象に行われていています。この日は、国土交通省や自治体の職員らが参加して、護岸の石のずれや階段に隙間ができていないかなどを確認しました。改善が必要な箇所については直ちに応急処置をするということです。
原発3号機 事前了解を島根県に申し入れへ
2018年4月24日
島根原発3号機について、中国電力から国の審査申請に対する事前了解の申し入れが、5月に島根県に出されることがわかりました。これにより、6月の島根県議会で議論が本格化する見通しとなりました。関係者によりますと、島根原発3号機に関する原子力規制委員会の審査申請に向け、中国電力は、大型連休明けにも事前了解を島根県に求める方針です。一方、島根県も事前了解の申し出を受けることにしました。5月21日に開かれる県議会常任委員会で報告され、6月の県議会で事前了解の是非が議論される予定です。島根原発3号機について、中国電力はすでに30キロ圏内の周辺自治体への説明を始めています。23は米子市議会全員協議会に、中国電力の岩崎昭正島根原子力本部長らが出席し、3号機の構造や福島第1原発の事故を踏まえた安全対策などについて説明しました。一方、議員からは3号機の構造などについて住民に対してもわかりやすく説明する場を設けて欲しいといった声があがったほか、原子力安全協定について立地自治体と同等の内容へ改正を求める意見が出ました。また24日、初めて3号機の説明を受けた雲南市の速水市長も、立地自治体と同じ内容の安全協定の締結を中電に求める考えを示しました。中国電力は、25日と26日に安来市と出雲市に対し、島根原発3号機の説明を続けます。
玉栄丸事故から73年 慰霊式
2018年4月23日
境港市の岸壁で陸軍の軍用船「玉栄丸」が爆発した事故から23日で73年。境港市大正町に設置された慰霊碑の前で、事故が起きた午前7時40分にあわせて参列者が黙とうし、慰霊碑に花を捧げて犠牲者を追悼しました。『玉栄丸』爆発事故は、終戦間近の1945年4月23日、荷揚げ作業中に積んでいた火薬が爆発し、死者120人、431戸が全壊、全焼するなど山陰最大の戦災となりました。1965年に建立された慰霊碑は、戦後50年を迎えた1995年に、事故現場に近い現在地に移されました。
大田市が小規模損壊に独自に3万円
2018年4月23日
島根県西部で発生した震度5強の地震から2週間がたった23日、大田市の楫野市長は会見を開き、被災者の支援策を発表しました。り災証明で全壊と判定された家には、県の支援分と合わせて最大300万円を補助。また今回多く確認されている小規模損壊については、鳥取県中部地震を参考に市独自に一律3万円を支援します。また石州瓦や県産木材を使って修繕する場合はその経費の一部を補助します。一方、商業施設の支援策として、復旧や仮店舗の経費などの3分の2を県とともに補助することにしました。今回の地震では世帯のおよそ1割が被災しているにもかかわらず、全壊家屋の数が規定に達していないため、自治体への支援を定めた「災害救助法」の適用に至っていません。楫野市長は、適用要件が厳しいとして国に要件の緩和を求めていく考えも示しました。
三瓶山で山開き
2018年4月22日
大田市の三瓶山は22日が山開き、関係者がシーズン中の安全を祈りました。22日朝、三瓶山の西の原で開かれた山開きの神事には関係者およそ70人が集まり、夏山の安全を祈りました。三瓶山では、9日に発生した地震の影響で、男三瓶と女三瓶を結ぶ登山道に崩落が見つかっていて、一部が通行止めとなっています。そのため、22日に山頂などで予定されていたイベントは中止となりました。それでも訪れた登山客は、山頂を目指して思い思いのペースで登っていきました。いよいよ始まった夏山シーズン、大田市観光協会は大型連休には大勢の登山客で賑わってほしいと期待を寄せています。
もっと見る