山陰放送のニュース

島根原発3号機 平井知事「時期に拘らず」
2018年5月25日
島根原子力発電所3号機の稼働に向け、中国電力が適合性審査の申請を報告したことに対し、鳥取県の平井知事は結論をまとめる時期に拘らない考えを示しました。平井知事は25日の会見で、6月議会とも取沙汰された意見をまとめる時期について、予め期限を設けることはせず拘らない考えを重ねて示しました。中国電力の今回の報告は概要説明が終わっていない段階であり鳥取県側は当惑しているとして、来月市議会議員選挙を控える米子市や境港市の市長と、28日に摺り合わせをすることにしています。周辺自治体である鳥取県は中国電力との協定上意見を述べることができます。
未成年者誘拐容疑の男性 不起訴
2018年5月24日
浜田市で当時19歳の女性の行方が分からなくなり、今月実家近くの民家にいるのが見つかった事件で、松江地方検察庁は未成年者誘拐の疑いで逮捕された72歳の男性を24日付けで不起訴処分にしました。地検は処分の理由を明らかにしていません。男性は逮捕直後の取り調べに対し女性を寝泊まりさせていたことは認める一方、「誘拐したつもりはない」と容疑を否認していました。
日本遺産に浜田市、鳥取市、安来市の文化財追加
2018年5月24日
文化・伝統にちなむストーリーを国が認定し、観光資源として活用する文化庁の「日本遺産」に24日、新たに浜田市・鳥取市・安来市の文化財が追加されました。浜田市役所では、市長らが「外ノ浦北前船 日本遺産認定」と書かれた懸垂幕を設置して「日本遺産」の追加登録を祝いました。追加された文化財群は、船主たちの屋敷が並んだ外ノ浦の町並みや船乗りたちが出航前の風向きなどを確認した方角石など4件です。また安来市の山城遺跡である富田城跡も、2016年度に島根県東部で認定された日本遺産『出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~』に追加されました。当時、山陰地方で鉄生産の 中心地だった奥出雲地域を治め、鉄の流通にも関わった戦国大名・尼子氏の拠点だったためで、これで『出雲國たたら風土記』は31件の文化財で構成されることになりました。
鳥取らっきょう初出荷
2018年5月23日
鳥取県北栄町の共同乾燥施設で23日、鳥取らっきょうの初出荷式が開かれました。鳥取らっきょうの生育は、1月下旬からの雪と低温で遅れぎみでしたが、3月以降は晴天が続いて回復、昨年並みの収量が見込まれています。初出荷式では根付きラッキョウなど45トン、4500ケースを積んだトラックが九州地区や関東などに向けて出発しました。鳥取らっきょうの出荷は6月中旬まで続き、JA鳥取中央では今シーズン、約910トンを出荷し6億円の売り上げを目指しています。
新型観光列車「あめつち」お披露目
2018年5月22日
JR山陰線にこの夏投入される新型観光列車「あめつち」が米子市で22日、初めて公開されました。山陰線で従来走っている車両を約2億円かけて改造しました。映画監督の錦織良成さんと、スタジオジブリで美術監督として活躍した松江市出身の吉田昇さんがデザインを担当、車体は紺碧色に染められていて山陰の空や海の青を表現。下段は山陰の山並みと日本刀の模様、刃文が描かれています。観光列車あめつちは7月1日から鳥取駅から出雲市駅間を運行します。
もっと見る