山陰放送のニュース

いわみミュージックジャンボリー
2017年5月28日
好天に恵まれた28日、鳥取県岩美町では青空の下で音楽を楽しむイベント、いわみミュージックジャンボリーが開かれました。地元岩美高校のジャズオーケストラの演奏で幕を開けたこのイベント、境を接する兵庫県も含め因幡と但馬の活性化につなげようと地元の人たちが手作りで開きました。3回目となる今年は プロ4組と地元のアマチュア10組が7時間にわたって次々と演奏を披露しました。この地は、「きんたろう」や「だいこくさま」などで知られる唱歌の作曲家・田村虎蔵の生まれ故郷で、音楽とのゆかりも深いことからこうした野外音楽堂が作られました。集まった人たちは演奏に拍手を送ったり、屋台のグルメを味わったりしながら一日中音楽を楽しんでいました。
がんセンターが市民公開講座
2017年5月28日
がん患者に対する鳥取県内での支援策などを話し合う公開講座が28日、米子市でありました。「患者目線のがん医療」と題した公開講座は、鳥取大学医学部附属病院がんセンターが市民を対象に開きました。講座では、がん患者の支援を行う鳥取県の担当者や保険労務士が講演し抗がん剤治療での脱毛によりかつらを購入する場合に費用を補助する鳥取県の制度や、がんにかかった時の仕事や職場環境との向き合い方を話しました。また、患者の通う拠点病院と診療所が統一されたカルテで緩和ケアにあたるなど、地域で連携した取り組みなども紹介されました。この他、がん患者の支援についてのパネルディスカッションも行われ、がんについて様々な情報を提供しました。
イベント通してリサイクルに関心を
2017年5月28日
フリーマーケットなどを通してリサイクルへの関心を深めてもらおうと、松江市で28日、恒例のイベントが開かれました。松江市にあるリサイクルプラザで、施設を開放して、フリーマーケットなどがありました。フリーマーケットには市民による35の店が出店。家庭で使わなくなった食器や衣類、本などが所狭しと並べられ、来場者は品定めをしながら買い求めていました。このほか、施設では、ゴミとして持ち込まれた家具や自転車を修理して希望者に提供するコーナーや、端切れを利用して小物を作るコーナーなどが人気を集め、家族連れらで賑わいました。松江市は、イベントを通じて、リサイクルの大切さを改めて知ってほしいと話しています。
幼稚園でライブペインティング
2017年5月27日
ピアノなどの生演奏にのせて即興で絵を描く「ライブペインティング」のイベントが27日、米子市の幼稚園でありました。「ライブペインティング」はかいけ幼稚園の創立50周年を記念して開かれました。10年前に園の壁画を描き、現在、教科書の表紙絵など多方面で活躍している画家・武内祐人さんが、生演奏にのせて縦1.4メートル、横2.2メートルのキャンバスにアクリル絵の具を使って描いていきます。園児たちはピアノとパーカッションの生の音を感じながら、武内さんが描くかわいらしい動物たちの絵に目を輝かせていました。完成した絵は園内に飾られ、園児らに「笑顔」を与え続けます。
食のイベントにぎわう
2017年5月27日
特産品をはじめとした旬の地元食材を使った料理など、さまざまな食のブースを集めたイベントが27日、鳥取市の鳥取砂丘こどもの国で始まりました。地元の食材に対する理解を深めてもらおうと開かれたイベントは今回が2回目、会場には70を超える食のブースが並びました。中でも、鳥取県特産のトビウオ・あごと野菜を煮込んで作ったオリジナル料理「あごアパッツア」は人気のイタリア料理「アクアパッツア」を鳥取風にアレンジしたもので、食べた人は「なかなかこういうものを食べる機会がないのですがおいしいです。」と味わっていました。このほか会場には、オリジナルのパフェを作ったり、おいしいお茶のいれ方を学んだりする体験型のブースもたくさんあり、訪れた人たちを楽しませていました。豊かな地元の食を楽しむこのイベントは28日も開かれます。
もっと見る