桑本 みつよし
くわもと みつよし
写真
プロフィール

What' New

アーカイブ

検索

はじめはなにもなかった

2019年03月04日

3月2日土曜日。

BSS山陰放送は、
ラジオが開局65周年記念でラジオカーを2台出しての生放送、
テレビが山陰地方3局の民放共同による「ザワザワグランプリ」の生放送。

と、にぎわう中、吾輩は、出雲大社御遷宮完遂記念の催しのため、出雲市へ。

まずは、これ→ https://www.sap-co.jp/events/izumotalk/







辰巳正明先生は、
実に奥の深いお話を、
優しく、わかりやすく、ユーモアもあり。
時に一編の詩のようなお言葉も。
学問に、真摯に取り組んでいらっしゃった、
そして、いらっしゃることが伝わってきました。

古市憲寿さんは、あえて一言でいうならば、好青年。
流れをしっかりととらまえてくださり、
ここぞというときの言葉は、さすがに力強く。
メディアから伝わるイメージがあるとすれば、
それは断片に過ぎず、
おおよそかけ離れたものなのかなあと。
実は、楽屋で最初にお会いした時、
その雰囲気が我が息子にそっくりで、
すぐに親しみを感じまして。
終わったあとに握手をしていただいたその手は柔らかく。

あ。
うちの坊主が好青年かどうかは別問題です。


そして、これ→ https://www.sap-co.jp/events/izumo_susanoo/


夕暮れ迫る開演直前、静寂の中に、時を刻む音が静かに流れ。

やがて、若き語り部たちの声が出雲大社の杜に響き渡りました。



桑本みつよしツイッター→ https://twitter.com/asakuwa

  • チェック