桑本 みつよし
くわもと みつよし
写真
プロフィール

What' New

アーカイブ

検索

岩国へ

2017年02月13日

2月5日日曜日。
山口県岩国市まで
車での日帰りで行って来ました。
目的地は「シンフォニア岩国」。
うちのちびすけ、
といっても高校2年生が吹奏楽部で、
第40回全日本アンサンブルコンテスト
中国大会出場ということで。

お天気は今一つでしたが、
午後の部を目当てに
錦帯橋も車窓から眺めつつ、
午前中、早めに到着。
そこで、
岩国駅界隈までてくてく。
アメリカ軍の基地もあるので、
やはり基地関係者らしい方々も
自然に街を歩いています。


岩国駅は立替中。


仮駅舎の文字も懐かしい感じ。
いずれ新しくなるんでしょうね。

昼食は、
あれこれ調べて
駅前ローターリーにある...


「寿栄広食堂」へ。
なんと、
1950年、昭和25年創業。

お店に入ると注文をしてお金を払い、
プラスチックの札をもらいます。
奥に長い店内にある各テーブルは
既にほぼ一杯。
ただ、お客さんの回転が早く、
相席も自然に出来る感じで、
すぐに座れました。

いただいたのは...


定番の、ラーメン。
600円也。
豚骨醤油で背脂も結構。
だけど、丸く優しい味とでもいいましょうか。
(撮影はお店のお許しをいただきました)

と。
先にいらして相席をさせていただいた男性が、
「どこからですか?」と
気軽に話しかけてくださいました。
ご自身は、今、広島で、
5年ぶりに食べにいらっしゃったとのこと。
注文する人たちの声を聞いていると
「アブラマシ」等々の言葉も。

地域に根差した老舗をあとに、
いざ、「シンフォニア岩国」へ。

去年、20周年の建物は...


なかなかに瀟洒です。


中国大会。
当然と言えば当然でしょうが、
いやぁ、実にレベルが高い。
堪能しました。

会場をあとにしようと、
ホワイエを歩いていると...


「クズ入れ」が。

よく見ると...


むむ。
一体どういうこと?

何を撮っているんだろうと
思ったであろう
回りの人たちからも
私がその場を離れると笑いが。

いろいろと考えました。
岩国あたりの言葉では
「クズ」と「ごみ」とは違うなどなど。

かなりの人で、先を急ごうと、
その時は帰路についたのです。

にしても、気になるもの。

2月7日火曜日の
「あさスタ♪」の中でそのことに触れると、
聴取者からいろいろな反応が。
こうなったら直接うかがうという約束をして終了。

そして。
2月9日木曜日の
「あさスタ♪」で、ついにその時が。
放送中のスタジオから突然、
「シンフォニア岩国」にお電話をさしあげたのです。
結果、とても丁寧に対応してくださいました。
その場で鼻をかんだティッシュなどはいいとして、
「クズいれ」に入らない、
お弁当がらようなものは
各自でお持ち帰りいただけたらとのこと。
もちろん、事前にそういう想定もありましたが、
うかがってすっきり。
伝わりにくくてと恐縮なさる中、
そのままの方が
見た人がいろいろと考えていいのではと
勝手に申し添えもして。

放送の後、
あらたためてお礼のお電話を差し上げました。
そして、
録音したCD-Rに礼状などを添えて
送らせていただいた次第です。


山口県民文化ホールいわくに「シンフォニア岩国」公式ウェブサイト
http://www.sinfonia-iwakuni.com/

  • チェック